糖尿病内科

おおしま内科

navi_naika

診療科目 内科・糖尿病内科・消化器内科
住所 旭川市4条西7丁目1番4号
TEL 0166-24-3888
診療時間 平日/8:30〜12:00・13:30〜17:30土曜/8:30〜12:00
休診 日・祝日
大島 英二 院長
略歴
1957年札幌市出身。1981年旭川医大卒業。旭川医大で主に糖尿病の研究と臨床に従事し、旭川赤十字病院を経て、1993年10月より現職。
医学博士、糖尿病専門医、内科専門医、消化器病専門医、認定産業医、将棋4段。

快適なリブレ生活

糖尿病は、空腹時血糖が126㎎/dl以上または食後血糖が200㎎/dl以上、HbA1cが6.5%以上になった場合に診断されます。正常な人は、空腹時血糖が100㎎/dl未満で食後血糖が140㎎/dl未満です。糖尿病の人の血糖はかなり高いのです。食事療法・運動療法だけの治療を受けている糖尿病の人の治療目標はHdA1c6%未満です。糖尿病治療薬(のみ薬やインスリン)を使用している人は低血糖(薬が効きすぎて血糖が70㎎/dl未満になってしまう状態)にならないようにしてのHdA1c7%未満が目標になります。
この目標のため、細い針を自分の指先に刺して少量の血液から血糖を測定する自己血糖測定(SMBG)をして薬を調節している糖尿病の患者さんがいます。最近では、上腕に500円玉の大きさのリブレという機械を貼ることによって、痛い思いをしないでも2週間以内ならいつでも何度でも血糖が測定できるようになりました。お近くの専門医にご相談下さい。ただし、インスリン治療中でなければ自費になります。

 

 

旭川市4条西7丁目1番4号

k_ooshima