病院ガイド

いずみ眼科

navi_kokyu

診療科目 眼科
住所 旭川市末広1条1丁目
TEL 0166-51-2111
診療時間 月・水・木/9:00-12:00, 14:00-18:00
火・金・土/9:00-12:00
休診 日・祝日
HP http://izumiganka.jp
<記事提供>
泉 直宏 理事長・院長
略歴
日本眼科学会眼科専門医・医学博士
日本医師会認定産業医
2001年旭川医科大学卒業

最新の日帰り白内障手術と
なみだ目治療

 当院が最も力を入れている治療は白内障手術です。白内障手術は10年前と比べても大きく進歩しています。特に手術器械が進歩したことにより、合併症が減っただけでなく目にやさしい手術ができるようになっています。そのためよほど白内障が進行していない限り、翌日からよく見えることがほとんどです。
 最近の白内障手術は裸眼視力(眼鏡なしの視力)ができるだけ上がるような手術を目指すようになっており、そのために手術前にその患者さんの眼の詳細な形状を解析した上で適切な人工レンズを選択することが重要となっています。当院では道北では数台しかない角膜形状解析検査装置を開院当初から導入し、近年登場している乱視矯正眼内レンズや多焦点眼内レンズ(先進医療)も適時使用しております。
 当院のこだわりとしては、患者さんの眼に合わせて切開部位を変えたり、切開の入口や出口をずらしたり、切開幅も0.1㎜単位の幅の異なるメスで切り替えるなど、より良い裸眼視力が出るように細かなさじ加減を行っています。
 これだけ白内障手術が劇的に進歩しているにもかかわらず、白内障手術は比較的安価に受けることができる手術の一つです。費用につきましては年齢や健康保険の種類などにより異なりますので、受診した際に問い合わせてみてください。
 
 当院が力を入れている治療のもう一つの柱として、「なみだ目」があります。なみだ目は様々な原因で起こりますが、最も典型的なのはいわゆる涙が抜けていく管が詰まってしまうものです。治療としては「涙管チューブ挿入術」という手術が一般的です。
 手術とはいっても、部分麻酔で約20~30分程度ですので日帰りで対応できます。従来、この治療は医師の経験的な感覚で行っておりましたが、この方法では成功率は7~8割でした。これ以上成功率が上がらないのは技術的な問題というよりも、患者さんの涙管の個人差であることから、当院では涙道内視鏡と鼻内視鏡という涙管内や鼻の中を直接観察できる最新機器を導入しました。この機器により直接詰まっている所を見ながら広げることができますので、治る確率が更に上がり、現在では約9割程度となりました。
 とはいえ、涙管の詰まりがないにも関わらず、なみだ目という患者さんも数多くいらっしゃいます。その場合、涙管以外の原因を丁寧に検索していきます。まぶたの問題であったり、結膜や角膜の病気であったり、またそれらが複数組み合わさっていることもあります。このようななみだ目に対しては点眼治療が中心となってきます。
 なみだ目は治らないと言われてあきらめている方も一度受診されることをお勧めします。
 

43.802601, 142.381289

izumi

旭川たかはし眼科

navi_kokyu

診療科目 眼科
住所 旭川市東光1条2丁目1-2
TEL 0166-37-0800
診療時間 月・水/9:00-12:00, 14:00-17:00 火・木・金/9:00-12:00
休診 日・祝日
HP https://www.asahikawa-takahashi-ganka.com
<記事提供>
高橋 淳士 院長
略歴
旭川医科大学卒業。旭川医科大学病院講師、外 来医長、病棟医長、経営医長を歴任。2016年5月旭川たかはし眼科開院。
日本眼科学会認定専門医・指導医。光線力学療法認定医。医学博士。
所属学会・医会:日本眼科学会・日本眼科手術学会・日本網膜硝子体学会・日本白内障屈折矯正手術学会・日本眼循環学会・日本眼科医会・北海道眼科医会・道北眼科医会

白内障と網膜硝子体の日帰り手術

 基幹病院に匹敵する最新機器を備える旭川たかはし眼科。高橋淳士院長は15年にわたり旭川医大病院に勤務し、難症例白内障手術や極小切開網膜硝子体手術など、高度な技術を要する手術を数多く手掛けてきた実績を持つ。
 院内には、道北管内のクリニックでは初めて白内障と網膜硝子体を同時に可能な手術装置コンステレーションビジョンシステムと広角眼底観察システムを備えた手術顕微鏡ルメラを導入。白内障手術はもとより、黄斑円孔、網膜前膜、硝子体出血などに対する網膜硝子体手術を道北地区で唯一、日帰りで実施している。さらに眼内レンズの度数決定には、最新型フーリエドメイン方式の光学式眼軸長測定装置OA︲2000を導入。すでに開院から3年間で、白内障手術を2890件、網膜硝子体手術を150件手掛け、多くの患者が明るい生活を取り戻している。また、遠くも近くも見やすい最新型の多焦点眼内レンズ(自由診療・片眼32万円 税別)を用いた白内障手術も行っている。厚生労働省の先進医療施設に認定されており、民間医療保険で先進医療特約に加入している場合、通常手術代が全額給付される場合がある。ほかにも網膜静脈閉塞症や加齢黄斑変性症などの精密な診断を可能とするOCTアンギオグラフィーを搭載したスペクトラルドメイン光干渉断層計シラスを完備。また、網膜裂孔や糖尿病網膜症の治療において、短時間で痛みをほとんど感じることなく効果が得られるパターンスキャニングレーザー網膜光凝固装置パスカルを導入。迅速かつ的確な診断と非侵襲的で適切な治療を目指している。
 「見える喜びと人生を左右する視覚を守ることが眼科医の使命です。これまでの経験を生かし、全力で取り組んでまいります」と高橋院長は話す。
 

東光1条2丁目1 旭川たかはし眼科

takahashiganka01

クリスタル橋内科クリニック

navi_shika

shibu_shika

 

診療科目 一般内科・腎臓・高血圧内科・循環器内科・人工透析内科
住所 旭川市1条通6丁目78番地1 クリスタルビル2F・3F
TEL 0166-22-9600
診療時間 【2F 一般内科・腎臓・高血圧内科・循環器内科】
月・水・金
午前/9:00~12:00 午後/14:00~18:00
火・木・土 9:00~12:00(午前中のみ)【3F 人工透析内科】
月・水・金
午前/8:00~13:00 午後・夜間/14:00~21:30
火・木・土 9:00~12:00(午前中のみ)
休診 【2F 一般内科・腎臓・高血圧内科・循環器内科】
日曜・祝日【3F 人工透析内科】
日曜
HP http://cbmc.or.jp/
<記事提供>
買手 順一 院長
略歴:
1990年札幌医科大学医学部卒業
札幌医科大学第2内科(現 循環器・腎臓・代謝内分泌内科学講座)に入局後、札幌医科大学附属病院、旭川赤十字病院、手稲渓仁会病院などで研修
1998年ニューヨーク医科大学に留学
帰国後、2003年札幌医科大学附属病院集中治療室(ICU)および第2内科助手
2006年旭川赤十字病院腎臓内科副部長
2010年医療法人社団増田クリニック副院長
2013年同院長
2015年9月クリスタル橋内科クリニック院長

 

市内中心部の高血圧専門医がいるクリニックです

『難治性高血圧について』

2016年に高血圧と診断された方は全国で4,300万人に達していますが、十分にコントロールされている方はわずか1,200万人との報告があります。若い方では肥満や運動不足、ストレスなどによるいわゆる拡張期高血圧が多く、生活習慣の改善から治療が開始されます。しかし数種類のお薬を服用してもなかなか血圧が下がらない場合は2次性高血圧といった血圧を上昇させる別の病気が潜んでいたり、普段飲んでいるお薬が影響している場合もあります。この春には高血圧の治療目標が見直される予定で、これまで以上に確実な治療効果が求められる時代になります。当院2階の内科外来では日本高血圧学会専門医による患者様にわかりやすい説明と治療を心がけています。

『国内外から透析患者様が来院されています』

3階の透析センターでは徹底的に清浄化した透析液のもと、全ベッドで日本透析医学会専門医によるオンラインHDFを行っています。この治療はタンパク質を喪失しやすい反面、血圧を安定させて掻痒を軽減したり、食欲改善などのメリットが報告されています。コンピュータで管理された当院の透析フロアは静かでゆったり治療を受けられる環境になっています。当院では国内のみならず、海外から旅行などで来られる透析患者様も多く、特に今年からは台湾の団体患者様の治療を数回にわたって行っておりますが、スタッフの臨機応変な対応にはいつも驚かされています。

『プラセンタ注射と各種ビタミン注射』

一部保険外診療となりますが、慢性疲労や更年期症状の軽減、アンチエイジング効果などを目的としたプラセンタ注射は年齢や性別を問わず多くの方々に注目されています。また保険外となりますが、疲れやストレスが溜まっている方、美肌効果を求める方ではニンニク注射やビタミンC注射を。また時間に余裕のある方はリクライニングチェアでビタミン点滴を予約なしで受けていただくことができます。詳しくは当院HPをご覧ください。
 

旭川市1条通6丁目78番地1 クリスタルビル

crystal

たかみや眼科

navi_shika

shibu_shika

 

診療科目 眼科
住所 旭川市神楽5条14丁目1-6 (駐車場完備:20台)
TEL 0166-63-7070
診療時間 月・火・木曜日 午前/9:00~12:00 午後/14:00~18:00
水・金・土曜日 9:00~12:00
休診 日曜・祝日
HP http://www.takamiya-ganka.com/
<記事提供>
高宮 央(あきら)院長
略歴:
北海道奈井江町出身。旭川医科大学を卒業後、同大学眼科学講座に入局。
2005年~2007年、米国ハーバード大学スケペンス眼研究所で網膜移植および網膜再生の研究を行う。
帰国後、旭川医科大学眼科学講座の医局長、病棟医長、外来医長を歴任後、2015年11月にたかみや眼科を開院。

 

厚生労働省 先進医療認定施設

最新の技術と治験で高度の眼科医療を提供致します

 旭川医大眼科で医局長、病棟医長、外来医長を歴任後、平成27年に開院し現在4年目を迎えています。旭川医大在職中は「加齢黄斑変性」など視力の低下に直接関係する「黄斑疾患専門外来」の責任者として多くの患者さんの治療に携わってきました。

 これらの疾患に対し当院では最上位機種の光干渉断層計を用いた診断を行い、大学病院でも行っている最新の治療法「抗VEGF薬療法(年間約350件実施)」や痛みの少ないパターンレーザー光凝固術治療を積極的に行っています。また、失明原因の第一である緑内障に対しても光干渉断層計を用いた早期診断、早期治療を行っています。

 当院は平成30年1月に厚生労働省の「先進医療認定施設」に認定され、ご希望があれば遠くから近くまで見ることが可能な「多焦点(遠近両用)眼内レンズ」を用いた白内障手術を行っていて、患者さんからも好評を得ております。また、眼内コンタクトレンズ(ICL)を用いた新しい近視矯正手術の認定施設にもなっており、近視の改善にも力を入れています。

 患者さんに納得して治療を受けて頂けるようしっかりとお話をした上で、長年の大学病院勤務から得た知識と経験を生かして、最良の治療法を提供していきたいと思っています。目のことで何か気になることがありましたら、お気軽にご相談下さい。

たかみや眼科4964

ゆとりある空間に最新機器を備えた検査室

 

旭川市神楽5条14丁目1-6

takamiya

高桑整形外科 永山クリニック

navi_seikei

 

診療科目 整形外科/(運動器)リハビリテーション科/リウマチ科(無床)
住所 旭川市永山3条11丁目(国道39号線沿)
TEL 0166-48-5276・48-5277
診療時間 平日/ 9:00〜12:30 14:00〜18:00水・土曜日/ 9:00〜12:30
休診 日曜・祝日
高桑 昌幸 院長
略歴:旭川東高(山岳部OB)、
順天堂大学医学部卒(競技会スキー部OB)。
旭川医大整形外科同門。
医学博士
日本整形外科学会認定専門医
信条:名医たらずとも良医たれ
●神社に日々参拝し、温泉好きで龍乃湯温泉(東旭川)の大ファン(53歳)

高齢者の骨折予防 最新の腰痛治療から
スポーツ医学の治療・リハビリまで

開院から地域住民の信頼が厚いクリニック

 1972年(昭和47年)の開院以来、地域に根ざし、地域の皆さんの健康な日常生活を見守るクリニックとして、幅広い世代の患者が訪れる高桑整形外科永山クリニック。
 同院が地域医療として積極的に取り組んでいるのが高齢者の骨折予防。増加傾向にある高齢者の大腿骨骨折は、QOL(生活の質)の低下に直結してしまいます。同院では、骨の健康を精密に調べる全身骨密度測定装置を使用したり、体成分分析検査、薬物治療も行うなど「骨粗鬆症」や「ロコモティブシンドローム」対策にも力を入れています。
 股関節を専門とする高桑昌幸院長は、骨粗鬆症や運動リハビリテーションなどの分野で多くの論文執筆、学会発表、講演、全国テレビ出演、ラジオ解説などを行っており、2016年(平成28年)には旭川医科大学から医学博士号を授与されました。さらに、同年には論文に対して「旭川市医師会賞」を受賞し、本年から道新「朝の食卓」のコラムニストの一人になっています。

taka_n01

スポーツ障害の症状改善に期待
高周波温熱治療器

 スポーツリハビリの分野にも力を入れている同院では、ラジオ波による高周波温熱治療器「フィジオラジオスティム」を道内の医療機関として初導入。スポーツ障害の改善への効果に期待が高まる次世代型の高周波温熱機器であり、電極とアースで身体をはさみ、ラジオ波で体内にジュール熱(摩擦熱)を発生させ、心地よい温熱により症状の改善に役立つとされています。すでに、野球やサッカーなどプロスポーツ界のアスリートが故障時のリハビリに活用するなど、いま高い注目を集めています。プロ野球選手の治療で有名になったショックマスターも国内で初めて導入しています。

「バネトレ」によりアスリートのレベルアップ目指す

 母校・順天堂大学の箱根駅伝チームドクター、道内私立高校のスポーツ系顧問医師を担当するなど、実際に現場に寄り添うスタンスでスポーツ医療に携わる高桑院長。
 本格的に競技に取り組むアスリートのレベルアップを目指し、近年注目度が高まる「バネトレ」に着目しリハビリ治療などに取り入れています。バネトレとは、筋肉の弾力を利用し、「身体がバネのように弾む感覚」を身に付けることで、しなりを使ったより効果的な身体の動かした方を意識するトレーニング。様々な競技において欠かすことができない、運動の基礎能力の向上が期待できます。同クリニックでは、2018年にバネトレの開発者・池上信三氏を非常勤講師として招へい。多くのトップアスリートに動作指導を行ってきた池上氏による講義・実技から、同院のスタッフがスポーツ医学領域の治療・リハビリを向上させるべく様々な知識と技術を吸収しました。「正しく身体を使えるようになると、ケガをしにくくなります。今後は変形関節症の治療やリハビリにも応用していきたい」と研究テーマに掲げています。

理学療法士指導
一人ひとりに適したリハビリ運動療法

 さらに、同クリニックの大きな特徴が、一人ひとりの患者さんの状況に適した充実のリハビリ指導プログラム。研究熱心な理学療法士が、痛みを抑える物理療法(レーザー光線、超音波、電気治療など)と実際に身体を動かす運動療法を効果的に組み合わせて、患者さんと一緒にリハビリに取り組んでいます。
 また、ストレッチボールやバランスボールを使用した運動療法の他、理学療法士専用の高性能エコーを導入し、IDストレッチング技術など新しい試みに取り組んでいます。

17taka03

ツラい腰痛の治療に
 特に、多くの人を悩ませる腰痛に関して同院の積極的な取り組みは特筆に値し、ニュージーランドのロビン・マッケンジー博士により考案された腰痛の施術法「マッケンジー法」を道北エリアではいち早く導入。マッケンジー法日本協会の支部長である岩貞吉寛氏による院内レクチャーを年2回開催し、症状の改善や体操の習慣化を推進しています。院長が論文にした急性腰痛に対しての(エコーガイド下の)トリガーポイント注射も効果があります。
 さらに、従来の物理的に引っ張る「牽引装置」とは異なり、浮遊する感覚で使用する腰痛治療器『プロテックMD』を導入。イス部分に腰かけると上半身をアームが抱きかかえ、お尻が宙に浮いて両脚もぶらぶらと動かすことができる。腰部は上半身の重さから解放され、自然な重力のみの状態で腰痛を治療します。野球界の有名選手などプロのアスリートも使用する最新機器により、同院で腰痛の治療リハビリを行う患者さんも多いようです。

taka04

旭川市永山3条11丁目高桑整形外科永山クリニック

taka05

しぶかわ歯科医院

navi_shika

shibu_shika

 

診療科目 歯科
住所 旭川市7条通5丁目右8号(駐車場有り)
TEL 0166-22-2775
診療時間 平日 午前/9:00~12:15 午後/14:00~19:00
土曜 9:00~12:00
休診 日曜・祝日
HP http://shibukawa-dental.com/
<記事提供>
渋川 義宏 院長
博士(歯学)
略歴:
旭川東高卒、東京歯科大卒
トーマスジェファーソン医科大学(米国)留学
東京歯科大学歯周病学講座 准教授を経て、
現在、東京歯科大学 臨床教授
日本歯周病学会専門医、指導医、評議員
日本口腔インプラント学会、顎関節学会、米国歯科学会、国際歯科学会会員

 

歯周組織再生療法で歯を残しましょう!

1.歯周病は全身の健康を阻む?

歯周病とは、歯と歯ぐきの隙間にたまったプラーク(歯垢)中の細菌が炎症を引き起こし、歯を失うばかりでなく、糖尿病や心臓病、誤嚥性肺炎、早産、認知症、リウマチなど様々な疾患へ悪影響を及ぼす事が分かってきています

2.歯周病の治療・予防は?

軽度の歯周病は歯科医院で歯周ポケットに溜まったプラークや歯石を除去し、丁寧に歯磨きすることで改善します。重度の歯周病でも、歯周組織再生療法によって歯周組織を回復、再生させ、歯を残す事が可能となりました(図参照)。しかし歯周病は再発しやすく、薬だけでは菌が残ってしまうやっかいな病気です。自覚症状がなくとも定期検診を受診しましょう。
imamiya02

3.新薬リグロス®について

新たな歯周組織再生剤リグロス®が医薬品として承認されました。リグロス®の成分は細胞や血管を増やす成長因子で、その作用によって歯を支える歯槽骨などの歯周組織が再生されます。従来のエムドゲイン法は保険適用外でしたが、リグロス®は健康保険で受診でき、患者様への負担が軽減されるようになりました。(再生療法の適応にあたっては、詳しい検査を実施して判断されます。)

4.歯周病専門医による治療

当院では大学准教授、臨床教授として様々な症例の治療を行った豊富な経験をもつ院長を中心に、スタッフ一同、患者様とのコミュニケーションを大切にし、お一人おひとりに合った治療を提案させて頂きます。

 

旭川市7条通5丁目しぶかわ歯科医院

shibukawa

かねた皮膚科クリニック

navi_shika

shibu_shika

 

診療科目 皮膚科
住所 旭川市4条通10丁目2233-2
TEL 0166-23-2737
診療時間 平日 午前/9:00~13:00 午後/14:30~18:00
休診 日曜・祝日・水曜13時以降
HP https://www.kaneta-hifuka.clinic/
<記事提供>
金田 和宏 院長
略歴:
2004年順天堂大学医学部卒業、2006年旭川医科大学皮膚科学教室(飯塚一教授)に入局後
深川市立病院皮膚科医長、名寄市立総合病院皮膚科医長、旭川医科大学皮膚科助教を経て、2015年かねた皮膚科クリニック理事長・院長

 

皮膚科一般診療に加えて美容皮膚科としての利用も

当クリニックは、皮膚科一般診療に加えて、より健やかで美しい肌へと導く美容皮膚科としての役割も担い、皮膚病・皮膚のトラブルから美肌治療まで幅広く対応しています。
清潔感を重視した院内に手術室・レーザー室を設け、ほくろや粉瘤など皮膚良性腫瘍などに対し、局所麻酔による日帰り手術を行っています。また、シミに対するレーザー治療、ニキビ痕、気になる毛穴に対するケミカルピーリングや美肌・美白効果のあるイオン導入も自由(保険外)診療で対応。2016年には2種類のレーザーを搭載した機器を新たに導入、うすいシミやそばかす、毛穴の開大、ニキビなどに悩む方のために、美顔・美肌に効果のあるレーザーフェイシャルを行っています。

kaneta02

また、市内中心部のクリニックとして、会社のお昼休みや勤務後に利用しやすいように、午前は13時まで診療、午後は通常18時までのところ毎週火曜日は19時まで診療時間を延長。待合スペースにはキッズスペースや授乳室も完備、お子様連れでもお気軽に受診いただける環境を整えています

院内では、クリニックでのみ扱っている化粧品や日焼け止めも販売しております。患者様に合った製品をご紹介いたしますのでお気軽にスタッフまでお尋ねください。

 

北海道旭川 かねた皮膚科クリニック

kaneta01