病院ガイド

クリスタル橋内科クリニック

navi_shika

shibu_shika

 

診療科目 一般内科・腎臓・高血圧内科・循環器内科・人工透析内科
住所 旭川市1条通6丁目78番地1 クリスタルビル2F・3F
TEL 0166-22-9600
診療時間 【2F 一般内科・腎臓・高血圧内科・循環器内科】
月・水・金
午前/9:00~12:00 午後/14:00~18:00
火・木・土 9:00~12:00(午前中のみ)
【3F 人工透析内科】
月・水・金
午前/8:00~13:00 午後・夜間/14:00~21:30
火・木・土 9:00~12:00(午前中のみ)
休診 【2F 一般内科・腎臓・高血圧内科・循環器内科】
日曜・祝日
【3F 人工透析内科】

日曜
HP http://cbmc.or.jp/
<記事提供>
買手 順一 院長
略歴:
1990年札幌医科大学医学部卒業
札幌医科大学第2内科(現 循環器・腎臓・代謝内分泌内科学講座)に入局後、札幌医科大学附属病院、旭川赤十字病院、手稲渓仁会病院などで研修
1998年ニューヨーク医科大学に留学
帰国後、2003年札幌医科大学附属病院集中治療室(ICU)および第2内科助手
2006年旭川赤十字病院腎臓内科副部長
2010年医療法人社団増田クリニック副院長
2013年同院長
2015年9月クリスタル橋内科クリニック院長

 

市内中心部の高血圧専門医がいるクリニックです

『家庭血圧について』

 高血圧と診断された方は全国で4,300万人に達しており、今や最も多い生活習慣病です。医療機関で測った血圧が上140㎜Hg以上あるいは下90㎜Hg以上あると高血圧の可能性がありますが、1回の測定のみで診断することはできず、リラックスしていつでも何度でも行える家庭血圧測定が勧められます。
 脳卒中や心筋梗塞の発症予測には病院よりも家庭血圧の方が優れていることが明らかになっており、起床後すぐよりも1時間くらいしてから、あるいは就寝前の測定がいいでしょう。血圧計はできれば上腕で測るものをお勧めします。
 喫煙後は血圧が上がりやすいため血圧を測るタイミングには注意が必要です。
 実際の診療では患者様の年齢や性別、過去にかかったことのある疾患、血圧以外の自覚症状なども参考に診察することになりますが、若い方や降圧薬を3種類以上してもコントロールできない、いわゆる難治性高血圧の方では別の原因が潜んでいるかもしれません。

『お薬は一生飲まなければならないのでしょうか』

 「血圧のお薬は1回飲むとやめられないのでは?」という質問をよくいただきますが、お薬で血圧が安定してしまうと生活習慣の改善がおろそかになることから降圧薬をやめられない方も多いのではないかと思います。実際に減量や減塩、適度な運動を行い過剰なアルコールは控えること、さらに禁煙などで降圧薬を減量あるいは中止できた患者様はたくさんいらっしゃいます。
 ご自分の血圧が心配な方、現在の治療に満足されていない方は一度専門医に相談されてみてはいかがでしょうか。

『プラセンタ注射と各種ビタミン注射』

 一部保険外診療となりますが、慢性疲労や更年期症状の軽減、アンチエイジング効果などを目的としたプラセンタ注射は年齢や性別を問わず多くの方々に注目されています。また保険外となりますが、疲れが溜まっている方はではニンニク注射、美肌効果を求める方でビタミンC注射を。また時間に余裕のある方はリクライニングチェアでビタミン点滴を受けていただくことができます。詳しくは当院HPをご覧ください。
 

旭川市1条通6丁目78番地1 クリスタルビル

crystal

たかみや眼科

navi_shika

shibu_shika

 

診療科目 眼科
住所 旭川市神楽5条14丁目1-6 (駐車場完備:20台)
TEL 0166-63-7070
診療時間 月・火・木曜日 午前/9:00~12:00 午後/14:00~17:00
水・金・土曜日 9:00~12:00
休診 日曜・祝日
HP http://www.takamiya-ganka.com/
<記事提供>
高宮 央(あきら)院長
略歴:
北海道奈井江町出身。旭川医科大学を卒業後、同大学眼科学講座に入局。
2005年~2007年、米国ハーバード大学スケペンス眼研究所で網膜移植および網膜再生の研究を行う。
帰国後、旭川医科大学眼科学講座の医局長、病棟医長、外来医長を歴任後、2015年11月にたかみや眼科を開院。

 

最新の技術と治験で高度の眼科医療を提供致します

 旭川医大眼科で医局長、病棟医長、外来医長を歴任後、平成27年に開院し現在5年目を迎えています。旭川医大在職中は「加齢黄斑変性」など視力の低下に直接関係する「黄斑疾患専門外来」の責任者として多くの患者さんの治療に携わってきました。

 これらの疾患に対し当院では最上位機種の光干渉断層計を用いた診断を行い、大学病院でも行っている最新の治療法「抗VEGF薬療法(年間約350件実施)」や痛みの少ないパターンレーザー光凝固術治療を積極的に行っています。また、失明原因の第一である緑内障に対しても光干渉断層計を用いた早期診断、早期治療を行っています。

 ご希望があれば遠くから近くまで見ることが可能な「多焦点(遠近両用)眼内レンズ」を用いた白内障手術を行っていて、患者さんからも好評を得ております。また、道内では数少ない眼内コンタクトレンズ(ICL)を用いた新しい近視矯正手術の認定施設にもなっており、近視の改善にも力を入れています。

 信頼され親しまれるクリニックを目指し、患者さんに納得して治療を受けて頂けるようしっかりとお話をした上で、長年の大学病院勤務から得た知識と経験を生かして、最良の治療法を提供していきたいと思っています。目のことで何か気になることがありましたら、お気軽にご相談下さい。

たかみや眼科4964

ゆとりある空間に最新機器を備えた検査室

 

旭川市神楽5条14丁目1-6

takamiya

高桑整形外科 永山クリニック

navi_seikei

 

診療科目 整形外科/(運動器)リハビリテーション科/リウマチ科(無床)
住所 旭川市永山3条11丁目(国道39号線沿)
TEL 0166-48-5276・48-5277
診療時間 平日/ 9:00〜12:30 14:00〜18:00水・土曜日/ 9:00〜12:30
休診 日曜・祝日
高桑 昌幸 院長
略歴:旭川東高(山岳部OB)、
順天堂大学医学部卒(競技会スキー部OB)。
旭川医大整形外科同門。
旭川医科大学整形外科学講座客員講師。
医学博士
日本整形外科学会認定専門医
信条:名医たらずとも良医たれ
●神社に日々参拝し、温泉好きで龍乃湯温泉(東旭川)の大ファン(54歳)

高齢者の骨折予防 骨粗鬆症治療から
スポーツ医学の治療・リハビリまで

開院から48年
地域住民の信頼が厚いクリニック

1972年(昭和47年)の開院以来、地域に根ざし、地域の皆さんの健康な日常生活を見守るクリニックとして、幅広い世代の患者が訪れる高桑整形外科永山クリニック。
股関節を専門とする高桑昌幸院長は、骨粗鬆症や運動リハビリテーションなどの分野で多くの論文執筆、学会発表、講演、全国テレビ出演、ラジオ解説などを行っており、2016年(平成28年)には旭川医科大学より医学博士号が授与されるとともに、論文により「旭川市医師会賞」を受賞しました。また、2020年(令和2年)2月より旭川医科大学において、客員講師として整形外科学講座を担当しています。

最新の検査機器とソフトウェアにより
骨の密度と質を診断

同院が地域医療として積極的に取り組んでいるのが高齢者の骨折予防と、「骨粗鬆症」の診断と治療。女性を中心に多くの高齢者が苦しむ「骨粗鬆症」で骨がもろくなると、大腿骨骨折(太もものつけ根の骨折)が多発。増加傾向にある高齢者の大腿骨骨折は、QOL(生活の質)の低下に直結してしまいます。
同院では、最新の骨密度解析機器を導入。これまで以上に高精度の画像出力が可能となりました。「最新の検査機器とソフトウェアを併用することにより、データを解析し、骨内部の微細構造についてより正確で詳細な情報を得ることが可能になりました」と高桑院長。従来の測定機器でわかる「骨の密度」に加えて、「骨の質」がどう変化しているのか把握できるようになり、患者さん一人ひとりの状態に合わせた治療へとつなげることが可能となりました。

taka_01

蓄積されたデータ活用
骨粗鬆症治療の進歩に貢献

日々多くの患者さんと接し、これまで長年にわたり骨粗鬆症の診療・臨床研究に携わってきた同院。日本整形外科学会認定整形外科専門医である高桑院長は、一人ひとりの患者さんの病状や予後を長期間にわたりフォローし、詳細な臨床データを蓄積しています。
これまで蓄積されたデータに加えて、今回導入された最新機器で得られるデータも合わせて活用し、「骨粗鬆症治療の進歩に貢献していきたい」と語る高桑院長。超高齢化社会を迎えた地域社会にあって、今後ますます骨粗鬆症の予防・治療に対する期待が高まります。

アスリートのリハビリ治療など
スポーツ医療も充実

スポーツリハビリの分野にも力を入れている同院では、スポーツ障害の改善に効果が期待される高周波温熱治療器「フィジオラジオスティム」や、プロ野球選手などアスリートも使用する衝撃圧力波治療器「ショックマスター」を導入。
母校・順天堂大学の箱根駅伝北海道チームドクターでもある高桑院長は、昨年著名なフィジカルトレーナーである中野ジェームズ修一氏を同院に招いてアスリートへの指導を行い、またスポーツコースを設置している道内私立高校でアドバイスを行うなど、実際に競技に取り組む現場に寄り添うスタンスでスポーツ医療に取り組んでいます。
さらに、本格的に競技に取り組むアスリートのレベルアップを目指し、筋肉の弾力を利用してしなりを使う効果的な身体の動かし方を身につける「バネトレ」にも着目。開発者である池上信三氏が同院の非常勤講師を務め、スタッフは様々な知識と技術の吸収に努めています。

taka_02

一人ひとりに適したリハビリ運動療法や
腰痛の治療も

患者さん一人ひとりの状況に適したリハビリ指導プログラムも充実。痛みを抑える物理療法(レーザー光線、超音波、電気治療など)と、実際に身体を動かす運動療法を効果的に組合せて、患者さんと一緒にリハビリに取り組んでいます。
現代人の慢性病ともいえる腰痛には、ニュージーランドのロビン・マッケンジー博士により考案された「マッケンジー法」を道北エリアでいち早く導入。マッケンジー法日本協会の支部長である岩貞吉寛氏による院内レクチャーを年2回開催し、症状の改善や体操の習慣化を推進しています。院長が論文にした急性腰痛に対しての(エコーガイド下の)トリガーポイント注射も効果があります。
また、院内環境への配慮も徹底。高性能の空気清浄除菌脱臭装置により、院内すべての空間でICU(集中治療室)とほぼ同じレベルの清潔な環境が保たれています。

taka_03

旭川市永山3条11丁目高桑整形外科永山クリニック

taka_04

しぶかわ歯科医院

navi_shika

shibu_shika

 

診療科目 歯科
住所 旭川市7条通5丁目右8号(駐車場有り)
TEL 0166-22-2775
診療時間 平日 午前/9:00~12:15 午後/14:00~19:00
土曜 9:00~12:00
休診 日曜・祝日
HP http://shibukawa-dental.com/
<記事提供>
渋川 義宏 院長
博士(歯学)
略歴:
旭川東高卒、東京歯科大卒
トーマスジェファーソン医科大学(米国)留学
東京歯科大学歯周病学講座 准教授を経て、
現在、東京歯科大学 臨床教授
日本歯周病学会専門医、指導医、評議員
日本口腔インプラント学会、顎関節学会、米国歯科学会、国際歯科学会会員

 

予防と最先端の歯周治療で歯を残しましょう!

1.歯周病は全身の健康を阻む?

歯周病とは、歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)にたまったプラーク(歯垢)中の細菌が炎症を引き起こし、歯を失うばかりでなく、糖尿病や心臓病、誤嚥性肺炎、早産、認知症、リウマチなど様々な疾患へ悪影響を及ぼすことが分かってきています。

2.予防が大切、歯周病を進行させない

歯周病の予防または重症化を防ぐために、ご自身のブラッシングでは取りきれないプラークや歯石を歯科医院で専用の器具を用いて除去し、個人に合った正しいブラッシング指導を受けることが大切です。歯周病は自覚症状がなくても進行していたり、再発しやすく、薬だけでは菌が残ってしまうやっかいな病気です。定期的に検診、クリーニングを受けることで口腔内の健康を保つことができます。

3.重度の歯周病でもあきらめない

歯周病の進行によって抜歯といわれた歯でも、歯周組織再生療法によって歯を残せる場合があります(図参照)。当院では歯周病の進行によって破壊された歯周組織を回復、再生させる歯周組織再生療法を行っております。歯周組織再生剤リグロスRは医薬品として承認され、健康保険で受診できます。再生療法の適応にあたっては、詳しい検査を実施して判断されますので是非、ご相談ください。
imamiya02

4.歯周病専門医による治療

当院では大学准教授、臨床教授として様々な症例の治療を行った豊富な経験をもつ院長を中心に、スタッフ一同、患者様とのコミュニケーションを大切にし、お一人おひとりに合った治療を提案させて頂きます。

 

旭川市7条通5丁目しぶかわ歯科医院

shibukawa

かねた皮膚科クリニック

navi_shika

shibu_shika

 

診療科目 皮膚科
住所 旭川市4条通10丁目2233-2
TEL 0166-23-2737
診療時間 平日 午前/9:00~13:00 午後/14:30~18:00
休診 日曜・祝日・水曜13時以降
HP https://www.kaneta-hifuka.clinic/
<記事提供>
金田 和宏 院長
略歴:
2004年順天堂大学医学部卒業、2006年旭川医科大学皮膚科学教室(飯塚一教授)に入局後
深川市立病院皮膚科医長、名寄市立総合病院皮膚科医長、旭川医科大学皮膚科助教を経て、2015年かねた皮膚科クリニック理事長・院長

 

皮膚科一般診療に加えて美容皮膚科としての利用も

当クリニックは、皮膚科一般診療に加えて、より健やかで美しい肌へと導く美容皮膚科としての役割も担い、皮膚病・皮膚のトラブルから美肌治療まで幅広く対応しています。
清潔感を重視した院内に手術室・レーザー室を設け、ほくろや粉瘤など皮膚良性腫瘍などに対し、局所麻酔による日帰り手術を行っています。また、シミに対するレーザー治療、ニキビ痕、気になる毛穴に対するケミカルピーリングや美肌・美白効果のあるイオン導入も自由(保険外)診療で対応。2016年には2種類のレーザーを搭載した機器を新たに導入、うすいシミやそばかす、毛穴の開大、ニキビなどに悩む方のために、美顔・美肌に効果のあるレーザーフェイシャルを行っています。

kaneta02

また、市内中心部のクリニックとして、会社のお昼休みや勤務後に利用しやすいように、午前は13時まで診療、午後は通常18時までのところ毎週火曜日は19時まで診療時間を延長。待合スペースにはキッズスペースや授乳室も完備、お子様連れでもお気軽に受診いただける環境を整えています。

院内では、クリニックでのみ扱っている化粧品や日焼け止めも販売しております。患者様に合った製品をご紹介いたしますのでお気軽にスタッフまでお尋ねください。

 

北海道旭川 かねた皮膚科クリニック

kaneta01

駅前北村眼科

navi_ganka

h_ekimae

qr_ekimae

診療科目 眼科
住所 旭川市宮下通7丁目2-5
イオンモール旭川駅前 2階
TEL 0166-29-6595
診療時間 月・火・木・金・土・日・祝日 10:30〜14:00 15:00〜18:30
昼休み時間 14:00〜15:00
土日祝日も診療
休診 水曜日
HP http://www.kitamuraganka.com/
ph_ekimae 〈記事提供〉北村 淳 院長
略歴
北海道大学医学部卒業。大阪大学医学部眼科学教室所属。コンタクトレンズ専門クリニック、東大阪市立総合病院勤務を経て2005年開設。日本眼科学会ほか各会員

この春、新しくオープンしたイオンモール旭川駅前に移転しました

旭川駅直結で、イオンモールの屋内駐車場も2時間まで無料で利用できるため、たいへん利便性が高まったと思います。
以前は「エクスビル」「明治屋ビル」で約10年にわたり診療に従事してきましたが、質問しやすい眼科を目指して、病気のこと、治療内容、気になる症状、どんな小さな疑問点でも聞いていただき、解決できるように努めてまいりました。
例えば、この目薬がどうして治療に必要なのか、この子にめがねをかけさせるべきか、コンタクトレンズの不調をどうすれば解決できるか、その他、様々な質問にわかりやすくお答えするのが、最も大切な仕事の一つとして考えております。ぜひ、お気軽にご質問ください。

子どもの視力低下について、仮性近視の説明を中心に説明したいと思います。視力低下の大きな原因として、目の病気、屈折異常、仮性近視の3つがあります。角膜炎(黒目の傷)など、目の病気がある場合は、適切な治療を行う必要があります。
それに対して、いわゆる近視や乱視と呼ばれる弱視のない屈折異常は、目の中でピントの合う位置がずれてしまい、遠くが見えない状態です。子供に対してできる根本的な治療法は現在のところありませんので、見にくくて困るようならめがねの装用が必要になります。
3つ目の仮性近視は、治療により回復が期待できます。ピントを合わせる毛様体筋が過度に緊張することが原因で、携帯ゲームなどを長時間するなど、近くの作業が続くと起こることが多いです。
点眼治療や望遠訓練で改善しますので、眼科で見つかり次第、適切な治療を行います。これらの区別は、診察をしないとわかりませんので、学校検診で要精査となった場合は、放置せずに眼科を受診することがとても大切です。

ekimae01

旭川市宮下通7丁目2-5

k_ekimae

ルミネ歯科医院

歯科

h_rumineqr_rumine

診療科目 一般歯科・小児歯科
住所 旭川市豊岡1条5丁目1-5
市民生協コープさっぽろルミネ東光店2F
TEL 0166-39-1184
診療時間〈予約制〉 月・火木・金
10:00~13:00 / 14:30~19:00

10:00~13:00(※祝日のある週に限り 14:30~19:00も診療します)

10:00~14:00
休診 日・祝日
HP http://mfit300.com/lumine-dental/
旭川市豊岡1条5丁目1-5

k_rumine

とおるクリニック

navi_kokyu

h_tooru

qr_tooru

診療科目 呼吸器内科・内科
住所 旭川市豊岡2条7丁目4-12
TEL 0166-38-8088
診療時間 火・・金・土曜日/8:30〜12:30
月・火・水・金曜日/14:00〜18:00
火・金曜日/14:00〜19:00
休診 日・祝日
HP http://www.toru-clinic.com/
ph_tooru 髙橋  啓 院長
略歴
略歴:1990年旭川医科大学卒業、旭川医大第一内科入局、帯広厚生病院第一内科、国立札幌病院循環器科、道北病院呼吸器科、旭川リハビリテーション病院、松本呼吸器・内科クリニックを経て、2014年12月開院
医学博士
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医

「ちょっと、
とおるクリニックに
行ってくるわ!」

(1)眠いな~~~

 日中の眠気は、睡眠時無呼吸症候群という病気の可能性があります。寝ているときに呼吸が止まってしまう病気です。睡眠時間が確保されているのに、眠気を感じる時は、この病気の可能性があります。
 そのような症状があるときは検査を受けるようにしましょう。治療により眠気が改善する可能性があります。

(2)咳が長引くな~~~

 咳が長引くな、と思ったことはありませんか?風邪が長引いているだけだと、思ってはいませんか?
 それは喘息かもしれません。ヒューヒューゼーゼーする時は、喘息と気がつくのですが、咳だけの時には喘息と気がつかないことがあります。
 また喘息では、シラカバ花粉やPM2.5でも悪化します。季節も関係します。
 喘息には喘息の薬があります。

(3)年かな~~~

  痰が絡んでなかなか切れなかったり、身体を動かした時に息が切れたりするのを年のせいだと考えていませんか?タバコを吸っていれば慢性閉塞性肺疾患(COPD)という病気かもしれません。
 薬で症状を和らげることも出来ます。また禁煙が一番の治療ですが、止められない時は、禁煙外来もあります!

(4)生活習慣病

 高血圧症や脂質異常症、糖尿病など、食生活や運動などの生活習慣と密接に関連した病気があります。その早期発見のため、特定健診を積極的に受けるようにしましょう。
 生活習慣には有効な薬があります。薬を一度飲むと、一生飲むのかな?と考えるのではなく、薬により健康的な身体を維持すると考えましょう。
 薬は味方です。

43.757139, 142.415308

k_tooru