内科

旭川キュアメディクス

navi_shika

shibu_shika

 

診療科目 外 科:松田 年 院長
内 科:青島 優 副院長
婦人科:鷲塚 紀夫 名誉院長
住所 旭川市6条通15丁目69-1
TEL 0166-23-3127
診療時間 内科・外科
月・火・木・金・土 9:00~12:30/14:00~18:00
水曜日 9:00~12:30/午後休診
日曜日 9:00~11:30/午後休診
手術
月・火・金・土 9:00~14:00
日曜日     自由診療のみ
婦人科
月・火・木 9:00~12:30/14:00~18:00
水・金   9:00~12:30/午後休診
土曜日   9:00~12:00/午後休診

※木曜日の内科・外科は青島副院長診察日
※土曜日午後・日曜午前の内科・外科は松田院長診察日

休診 内科・外科 水曜、日曜午後、祝日
手術 水曜、木曜、日曜自由診療、祝日
婦人科 水曜、金曜、土曜、日曜、祝日
HP https://acm.or.jp/
<記事提供>
松田 年 理事長・院長

略歴:1985年旭川医大卒業、旭川や札幌、東京などの勤務を経て現職。日本内視鏡外科学会評議員、技術認定取得者、日本外科学会指導医、日本消化器外科学会指導医、日本消化器病学会指導医、医学博士。

 

 

3科対応の新クリニック

土曜・日曜も診療

2018年に誕生した新しいクリニック『旭川キュアメディクス』。「外科」「内科」「婦人科」3つの領域をカバーし、それぞれ専門の医師が積み重ねてきた経験をもとに、患者さまの満足度が高い治療を提供しています。

「日帰り手術センター」として機能する外科は、通常1週間程度の入院を要する手術治療に際し、手術当日または翌日の退院を実現する日帰り手術(短期滞在外科手術)に対応。日帰り手術に特化した麻酔制御、手術前後のきめ細やかなフォローなど諸条件を整えた高度な医療サービスを提供しています(鼠経ヘルニア・いぼ痔・胆のう結石・虫垂炎が対象)。もちろん、一般外科として首や肩、腰の痛みや関節痛、通風、傷の手当てなども行っています。

胃、大腸など消化器疾患に対して、最新機器による内視鏡検査を行う内科も充実。肝臓疾患には超音波検査・CT検査、糖尿病や高血圧など生活習慣病の治療も行っています。さらに、健康診断・人間ドッグ・ニンニク注射を推進するなど「未病」の観点で健康維持に貢献。

『旭川産科婦人科』の鷲塚紀夫元院長が外来診療を担当する婦人科では、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣腫瘍の診断・治療から、女性特有の癌健診、更年期の診断と治療まで質の高い婦人科診療を行っています。

令和という新しい時代においても、内科・外科・婦人科が協力し、家族みんなで受診できる身近な医療機関として地域社会に貢献し続けます。
 

旭川キュアメディクス(旭川市)

キュアメディクス

豊岡内科整形外科クリニック

navi_naika

診療科目 内科/循環器内科/整形外科/形成外科/リウマチ科/リハビリテーション科/訪問診療
住所 旭川市豊岡3条6丁目
TEL 0166-35-0561
診療時間 月・火・木・金
8:30~12:00, 13:00~17:30
水・土
8:30~12:00(土曜は12:30まで)
※内科の午後は訪問診療も行っております
※内科の木曜午後の外来は16:00より
休診 日・祝日
HP https://toyooka.jinyukai.jp
<記事提供>
秋田 信之 院長

略歴
1986年旭川医科大学医学部卒業
2014年より豊岡内科整形外科クリニック勤務

 

身近に感じてもらえるクリニックとして

【内科・訪問診療】

内科では、生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症等)、心臓、血管の循環器疾患などを中心とした外来診療に加え、通院困難な方のいらっしゃる施設やご自宅への訪問診療を積極的に行っており、旭川一円と東川町へ行っています。

【整形外科】

整形外科では、広いリハビリテーション室や各種医療機器を備え、運動器のリハビリテーションを実施しています。また、形成外科においても、専門医による皮膚皮下腫瘍摘出や、いぼの摘出等も行っています。さらに、CT・MRI検査が必要な場合も、当法人関連施設の北彩都院にて、お待たせする事なく取り次ぎが可能です。
福祉面においても同法人の介護老人保健施設みやびの森、サービス付き高齢者住宅みやびの森と連携し、高齢社会における地域医療・介護サービスを継続して提供できるようサポート致します。

toyookanaika

 

豊岡内科整形外科クリニック

toyooka_naika

岩田病院

navi_syoukak

診療科目 消化器内科・外科・整形外科・肛門内科
住所 旭川市4条通13丁目右5号
TEL 0166-23-2201
診療時間  平日 午前 9:00~13:00 午後 14:30~18:00
土曜日 9:00~13:00
休診 日曜・祝日
HP http://www.iwatahp.jp/
岩田 豊仁 院長

略歴
1991年 順天堂大学医学部卒業、1998年 順天堂大学大学院修了、1999年 順天堂大学第2外科助手、平成2002年 岩田病院院長。医学博士、日本外科学会専門医・日本消化器外科学会認定医、所属学会:日本外科学会・日本消化器病学会・日本肝臓学会・日本肝癌研究会

肝炎ウイルスとヘリコバクター ピロリ菌
〜有効な検査と治療戦略〜

「沈黙の臓器」肝臓

【肝臓とは】

肝臓は、体内で最大の臓器です。
また肝臓は、体の中枢臓器で代謝機能をはじめ多岐にわたる働きをしています。

【肝炎について】

肝障害の原因はアルコール・肥満などもありますが、最も注意すべきはウイルス性のB型肝炎・C型肝炎です。
感染者はB型肝炎が150万人、C型肝炎が200万人と推定されます。
慢性肝炎・肝硬変・肝癌の原因の70~80%以上がこれらのウイルス性肝炎です。

【肝癌について】

肝癌の最大原因はC型肝炎です。肝炎の進展にともない肝癌発生率が上昇します。
またB型肝炎では肝機能の安定した人でも肝癌発生の可能性があり注意が必要です。

【治療について】

肝臓は「沈黙の臓器」と言われるようになかなか症状が現れず、異常に気が付いた時には病状がかなり進行していることがあります。
近年、B型肝炎・C型肝炎に対する治療方法も大きく変わりました。内服薬を中心に、副作用も少なく治療効果の有効率が飛躍的に上昇しています。

 

胃とヘリコバクター ピロリ菌
(以下H・ピロリ菌)

【H・ピロリ菌とは】

H・ピロリ菌は胃潰瘍・胃癌など胃疾患の原因になります。胃癌に関しては、原因の90%以上がH・ピロリ菌と言われています。H・ピロリ菌感染者の80%は、5歳までに家庭内感染にて感染しています。

【若年者(中高生)とH・ピロリ菌】

感染率は低下していますが、若年者の感染率は今だ10%前後です。WHOは若年時でのH・ピロリ菌検査と除菌を強く推奨しています。

【検査と除菌】

検査は負担の大きい胃カメラを使わない、尿素呼気試験でも行えます。尿素呼気試験は、内服薬の服用前後に呼気を検査するだけの20分程で終了する負担の少ない検査です。
検査の結果、H・ピロリ菌の感染が確認されれば除菌を行います。除菌は体重が35㎏以上あれば可能です。二種類の抗生剤と胃薬を一週間内服していただきます。

【H・ピロリ菌除菌の意義】

中高生を対象としたH・ピロリ菌の検査と除菌の意義は、胃癌発症リスクの軽減効果が大きいこと、および次の世代への確実な感染予防となることです。
当院にて何時でも検査可能です。一度、肝炎ウイルス検査とヘリコバクター ピロリ菌検査を行うことをお勧めします。

 

旭川市4条通13丁目岩田病院

沼崎病院

navi_naika

 

診療科目 内科・消化器内科・血液内科・感染症内科・リハビリテーション科
人間ドック・脳ドック・一般健康診断・各種予防接種
住所 旭川市8条通8丁目
TEL 0166-23-2090
診療時間 平日/9:00~17:00
土曜/9:00~12:00
休診 日・祝日
旭川市8条通8丁目沼崎病院

numasaki

にしきまち通りクリニック

navi_naika

 

診療科目 内科・消化器科・呼吸器科循環器科・リハビリテーション科在宅診療・人間ドック大腸がん検診・各種健診
住所 旭川市錦町16丁目
TEL 0166-46-8100
診療時間 月〜金曜日/AM9:00〜PM 6:00
土曜日/AM9:00〜PM12:00
休診 日・祝日
佐藤 洋一 院長
略歴
1963年生まれ、釧路市出身。旭川医科大学卒業後、同大第二内科入局。
その後道立紋別病院内科、札幌厚生病院消化器科等を経て2000年9月1日にしきまち通りクリニックを開院、院長に就任。
2001年8月医療法人に改組。

地域のかかりつけ医として

皆さんこんにちは。

私どもにしきまち通りクリニックは開院して18年が過ぎました。地域に根ざしたクリニックを目指して多くの皆様に安心してご利用いただけるように、職員一丸となって頑張っています。

地域のかかりつけ医として、風邪をひいたり少し体調が悪かったりした時に、気軽に受診していただけるような場所を提供できるようにと願っています。例えばちょっと微熱があった場合でも、ご高齢であれば肺炎の場合もありますし、インフルエンザが流行していれば微熱程度でもインフルエンザかもしれません。急に体重が減った時には糖尿病の場合もありますし甲状腺の病気や悪性腫瘍の場合もあるわけです。

このようにちょっと体調が悪かったり困ったりしたときには、当クリニックを受診頂き、医師にご相談ください。必要に応じて血液検査やX線検査・超音波検査・内視鏡検査・CT検査などを行うことで、体調不良の原因を探り、治療につなげていきます。また、総合病院での精密検査が必要な場合、ご希望の病院にご紹介もしています。

来院される方のご希望をよく聞いてよく相談し、皆様が十分に納得のできる形で医療を進めていくことをモットーとしてこれからも頑張っていく所存です。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

旭川市錦町16丁目にしきまち通りクリニック

はらだ病院

navi_naika

 

診療科目 内科・消化器内科・血液内科・リハビリテーション科
住所 旭川市1条通16丁目右7号
TEL 0166-23-2780
診療時間 ●平日(月曜日〜金曜日)
受付 午前8:30〜 診察 午前9:00〜午後6:00
●土曜日
受付 午前8:30〜 診察 午前9:00〜午後12:30
休診 日・祝日
HP http://www.ahmic21.ne.jp/harada.hp/
旭川市1条通16丁目はらだ病院

harada

大田内科消化器科クリニック

navi_naika

 

診療科目 内科全般・消化器内科・肝臓疾患
住所 旭川市東旭川南1条1丁目2-7
TEL 0166-36-8338
診療時間 月・火・木・金 8:30~12:30 14:00~18:00
水・土 8:30~12:30
休診 日・祝日
HP http://oota-cl.com
大田 人可 院長
略歴
1982年旭川医大卒。茅ヶ崎徳洲会病院、富良野協会病院、旭川医大第3内科を経て1994年旭川厚生病院。
2002年開業。
医学博士。認定内科医。消化器病専門医。消化器内視鏡認定専門医。

検査をしても異常がみつからない胃腸の病気―
機能性消化管障害とは?

お腹の不快な症状が続くのに、いろいろ検査をしても異常はないと言われることがよくあります。当院で胃カメラや腹部エコーを行っていますが、異常所見がみつかるのはせいぜい30~40%くらいです。

検査をしても異常がみつからない消化器の病気として、胃酸が食道に逆流して胸やけなどが起こる「逆流性食道炎」、胃には目にみえる異常がないのに、痛み、むかつき、もたれなどが続く「機能性胃腸症」、大腸にがん、ポリープ、炎症などはないのに、お腹の痛み、不快感、便通の異常が続く「過敏性腸症候群」などが有名です。最近では、これらを合わせて「機能性消化管障害」とも呼ばれています。

胃腸は「感情の鏡」とも言われるように、ストレスの影響を強く受けます。これらの病気は、「気のせい」や「なまけ病」ではなく、内臓が敏感になったり、胃腸の働きに異常があるために起こるのです。機能性胃腸症の患者さんの約40%に食べたものを胃から腸に送る働きが低下していることがわかっています。

この病気の方で、適切な治療を受けられていない患者さんが多いようです。当院では、生活習慣や食生活の見直し、その方に合った薬による治療を行います。平成25年に発売された「アコファイド」という薬で、胃の動きがよくなり、胃もたれが改善しています。平成27年には、それまで男性にしか処方できなかった過敏性腸症候群の下痢症状に効く「イリボー」という薬が女性にも使えるようになり、効果が出ています。

他の病院で検査して異常がないと言われた方でも、お気軽にご相談下さい。
 

 

旭川市東旭川南1条1丁目2-7

k_oota

永山腎泌尿器科クリニック

navi_hiny

 

診療科目 泌尿器科 / 人工透析内科(夜間透析対応)
住所 旭川市永山2条7丁目
TEL 0166-46-5500
診療時間 月・火・水・金曜日/午前 9:00〜12:30
午後 2:00〜5:00木・土曜日/午前 9:00〜12:30(午後休診)
〈受付終了は15分前です〉
休診 日・祝日
HP https://nagayama.jinyukai.jp/
水永 光博 院長
略歴
1983年旭川医科大学卒業
2001年より仁友会泌尿器科内科クリニック勤務
所属学会:日本泌尿器科学会専門医、日本透析医学会、日本排尿機能学会、日本性機能学会、日本性感染症学会、日本老年泌尿器科学会

過活動膀胱について

「尿の回数が多い(頻尿)」「急にトイレに行きたくなり、我慢が難しい(尿意切迫感)、間に合わず尿が漏れる(切迫性尿失禁)」などが、過活動膀胱の代表的な症状です。頻尿や尿失禁があると日常生活に大きな支障をきたします。夜間頻尿は、寝ている間に何回もトイレに行くため睡眠が中断され、健康に悪い影響を及ぼす可能性があります。尿失禁については、尿がもれたり、トイレが近いのは年のせいで仕方がない、と思っている方はいらっしゃいませんか?薬物治療に加え、骨盤底筋体操など自分でもできる生活の習慣を組み合わせることで症状の改善が期待できます。

【泌尿器科】

 過活動膀胱をはじめ、膀胱炎、前立腺疾患、尿路結石症、性感染症、勃起障害(ED)などの診療を行っています。健康診断で「血尿」や「タンパク尿」などを指摘された場合の腎臓、泌尿器科疾患の検査も行っています。患者さんのお話をよく伺ったうえで、わかりやすい説明を心がけており、手術・入院治療が必要な際は、北彩都病院や市内の基幹病院と密に連携をとって対応しています。

【人工透析内科】

 安全、安心な血液透析を行うため、透析液の清浄化に努めており、質の高い透析医療をめざしています。断水・停電に対応できるよう井水・水道水の切り替えが可能で、自家発電も整備しています。通院地域によっては無料送迎バスを運行しています。
 

旭川市永山2条7丁目仁友会 泌尿器科 内科 クリニック

jinyu