泌尿器科

旭川泌尿器科クリニック

navi_hiny

診療科目 泌尿器科
住所 旭川市末広1条4丁目
TEL 0166-53-7007
診療時間 月〜金/9:00〜12:00(受付は11:45まで)、14:00〜17:00(受付は16:45まで)
土曜日/9:00〜12:30(受付は12:00まで)
休診 日・祝日
山口 康宏 理事長
〈医学博士〉〈泌尿器科専門医〉
佐野 正人 院長
〈泌尿器科専門医〉
U+20BB7吉岡 琢 院長
〈医学博士〉〈泌尿器科専門医〉

泌尿器科専門医による最新治療を提供
丁寧な説明で納得出来る治療を実現

信頼できる複数の泌尿器科専門医が常時いることで待ち時間の短縮はもちろん、丁寧な説明と、きめ細やかで納得できる治療を実現しました。当院ではアメニティ アンド ホスピタリティ(快適さともてなしの心)を基本理念とした、泌尿器科の専門クリニックです。高齢化社会を迎えるにあたり、増加する前立腺肥大症や尿もれ患者への対応、急増する前立腺がんの早期発見、早期治療、さらに時代のニーズに合った、身体に負担の少ない治療などが強く望まれております。また、性機能障害(ED)や男性更年期の問題のように、クオリテイ オブ ライフ(生活の質)の向上が望まれております。これら医学的、社会的要望に対し、最新の医療をもって応えていきたいと考えております。
 特に力を入れているのが前立腺肥大症の治療です。最近では効果の高い薬剤が複数開発されており、手術をしないという選択肢もあります。様々な治療法を提示して、納得のいく治療法を選択していただくよう心がけています。また前立腺がんに対しては早期発見のため、がん検診及び前立腺針生検など積極的に取り組んでいます。

高速マルチヘリカルCTで精密検査を受けられます

当クリニックでは、最新のCTスキャナを新しく導入いたしました。この装置は、瞬時に細かくいくつかの断面(スライス)が同時に撮影できるマルチスライス技術を搭載しています。その結果、撮影時間の大幅な短縮が可能となり、従来のCT装置に比べ放射線被曝量が少なくなり、更に画像がより鮮明になるため、その結果としてがんの早期発見に大きな力を発揮するといわれています。

当院では「痛くない」検査を心がけています

開院当初から、侵襲の少ない身体にやさしい検査法を心がけています。世界最小径の腎盂尿管内視鏡や電子スコープ方式の軟らかい軟性膀胱鏡をいち早く導入し、高度で専門的な診断を「痛くない」検査でおこなっております。

前立腺肥大症の治療法【手術をしない】

前立腺肥大症は主に50代以降の男性に発症する病気で、尿が出ずらい、尿がためられない(特に夜間頻尿)、尿を出しきれないなどの症状を訴えるようになります。肥大した前立腺が尿道を圧迫することでこのような症状が出現します。かなり大きくなってしまえば、手術で取り除かなければいけないこともあります。しかし最近は手術に消極的な人が圧倒的に増えております。がん(悪性疾患)ではないので、症状さえ改善すれば手術などリスクのあることはしたくないと考えるのは、もっともな考えかもしれません。一方、最近薬剤の進歩がめざましく、このような手術をしたくないというニーズに的確に対応できる時代になっております。尿道の抵抗を和らげ尿流を改善したい、前立腺そのものを小さくしたい、過活動な膀胱に働きかけて頻尿を治したい。このようなニーズにうまく応えることができる新しい薬剤が最近どんどん開発されています。これら薬剤をうまく組み合わせて併用すると、絶大な効果が得られる場合があります。それは泌尿器科専門医の腕の見せ所でもあります。

急増する前立腺がん

【早期発見が大切】

天皇陛下が罹られたこの病気は日本中で一躍有名になりました。罹患頻度はますます増加傾向で、近い将来には前立腺がんによる死亡が男性死因のトップになるとされています。前立腺がんの症状は、初期のうちはほとんど無症状ですが、進行すると前立腺肥大症と同様の症状が出現します。診断方法はいたって簡単です。特に血液検査で『PSA』を測定することが重要です。異常値ならば前立腺がんを疑うことになります。この場合前立腺針生検という検査で確定診断をしなければなりません。検査は5~10分で終了します。当院では日帰りで行っております。一週間後には判定がでます。前立腺がんは治せる病気です。初期のうちであれば手術または放射線治療によって根治することが可能です。万が一に進行した場合でも早期に治療(おもにホルモン療法)を行えば、がん病変をかなり抑えることが出来ます。

男性の更年期障害

【診断可能です、治療可能です】

男にも更年期があるのです。50代以降の男性に多く見られます。疲れやすい、のぼせ、ほてり、動悸、頭痛、多汗、意欲低下、うつ的傾向などの女性の更年期にも見られる症状とそれに加え、男性性機能障害(ED)が合わさることも多いようです。原因は、加齢による精神、身体機能の衰え(男性ホルモンが低下していることが多い)と同時に生活や仕事の上での強いストレスが加わってこのような症状が起きるとされています。加齢と共に男性ホルモンの分泌が低下するという意味でLOH(lateonsethypogonadism)症候群とも言われます。最近では活性男性ホルモンの測定も簡単に出来るようになり、診断が容易になっております。治療もホルモン補充療法(ART)など有効な方法があります。この治療法(ART)は更年期様症状を改善させるだけでなく、さらに最近の研究では、心筋梗塞発症予防、メタボ改善効果、さらにはインスリン感受性を亢進することで糖尿病の発症予防効果もあると報告されております。

 

旭川市末広1条4丁目旭川泌尿器科クリニック

asa_hinyou

a_hinyou01

a_hinyou02

永山腎泌尿器科クリニック

navi_hiny

 

診療科目 泌尿器科 / 人工透析内科(夜間透析対応)
住所 旭川市永山2条7丁目
TEL 0166-46-5500
診療時間 月・火・水・金曜日/午前 9:00〜12:30
午後 2:00〜5:00木・土曜日/午前 9:00〜12:30(午後休診)
〈受付終了は15分前です〉
休診 日・祝日
水永 光博 院長
略歴
1983年旭川医科大学卒業
2001年より仁友会泌尿器科内科クリニック勤務
所属学会:日本泌尿器科学会専門医、日本透析医学会、日本排尿機能学会、日本性機能学会、日本性感染症学会、日本老年泌尿器科学会

過活動膀胱について

「尿の回数が多い(頻尿)」
「急にトイレに行きたくなり、我慢が難しい(尿意切迫感)、
間に合わず尿が漏れる(切迫性尿失禁)」

などが、過活動膀胱の代表的な症状です。頻尿や尿失禁があると日常生活に大きな支障をきたします。夜間頻尿は、寝ている間に何回もトイレに行くため睡眠が中断され、健康に悪い影響を及ぼす可能性があります。尿失禁については、尿がもれたり、トイレが近いのは年のせいで仕方がない、と思っている方はいらっしゃいませんか?薬物治療に加え、骨盤底筋体操など自分でもできる生活の習慣を組み合わせることで症状の改善が期待できます。このような症状にあてはまる方は、1度泌尿器科を受診されることをお勧めします。

【泌尿器科】

過活動膀胱をはじめ、膀胱炎、前立腺疾患、尿路結石症、性感染症、勃起障害(ED)などの診療を行っています。健康診断で「血尿」や「タンパク尿」などを指摘された場合の腎臓、泌尿器科疾
患の検査も行っています。患者さんのお話をよく伺ったうえで、わかりやすい説明を心がけており、手術・入院治療が必要な際は、北彩都病院や市内の基幹病院と密に連携をとって対応しています。

【人工透析内科】

安全、安心な血液透析を行うため、透析液の清浄化に努めており、日本透析医学会が示す水質基準にて管理しています。断水等にも対応できるよう井水・水道水の切り替えも可能で、年2回の避難訓練も実施しています。また、通院地域によっては送迎バスを運行しています。

 

旭川市永山2条7丁目仁友会 泌尿器科 内科 クリニック

jinyu

東光やわらぎ泌尿器科 /神居やわらぎ泌尿器科

navi_hiny

東光やわらぎ泌尿器科

診療科目 泌尿器科・人工透析センター
住所 旭川市東光3条6丁目
TEL 0166-37–0300
診療時間 月・水・金/AM9:00〜PM 5:30
木・土/AM9:00〜PM12:30
休診 日・祝日
HP http://www.yawaragi-uro.com/
恒川 琢司院長
略歴
1981年札幌医科大学卒業。1996年12月神居やわらぎ泌尿器科クリニック開院。
2001年10月医療法人恒貴会 東光やわらぎ泌尿器科開院。日本泌尿器科学会専門医。日本透析学会会員。医学博士。

神居やわらぎ泌尿器科

診療科目 泌尿器科・内科・人工透析センター
住所 旭川市神居3条9丁目
TEL 0166–63–2225
診療時間 月・水・金/AM9:00〜PM 5:30
火・土/AM9:00〜PM12:30
休診 日・祝日
HP http://www.yawaragi-uro.com/
清水 俊明院長
略歴
1991年杏林大学医学部卒業。同年杏林大学病院救命救急センター。1993年札幌医科大学泌尿器科。
2003年4月より神居やわらぎ泌尿器科。日本泌尿器科学会専門医。日本性感染症学会会員。日本endourology・ESWL学会会員。日本透析医学会会員。医学博士。

夜中のトイレで困っています

夜間排尿とは、夜間に一回以上トイレに起き、辛く感じられる状態です。尿にかかわる悩みの中で、夜間頻尿は日常生活の質の低下に最も強く影響します。

夜間頻尿の原因

高齢者の夜間頻尿は、膀胱容量の低下、夜間の多尿が関係し、睡眠障害などを含めた複数の原因が影響します。

1)膀胱容量の低下

膀胱容量の低下は、加齢により尿意を感じるセンサーが過敏になったり膀胱の筋肉が硬くなったりして、膀胱に尿が溜りづらくなることが原因です。
第一の原因疾患は男性の前立腺肥大症です。最新の薬はたいへん効果的ですが、重症の場合は手術をお勧めします。(PVP手術)
また前立腺がんも増えています。年に一度の前立腺健診(PSAの採血)は高齢男性の必須事項です。

二番目は、過活動膀胱です。膀胱炎や結石がないのに我慢できないほどの急激な尿意が起こり、漏れる。この状態を尿意切迫感といいますが、過活動膀胱の特徴で頻尿も伴います。膀胱の老化が原因で、薬が効果的です。
三番目に、間質性膀胱炎も考えられます。抗生剤の効かない特殊な膀胱炎で、頻尿と排尿痛、尿が溜まった時の恥骨付近の痛みも出現します。診断が難しく、気になる方は専門医で相談してください。

2)夜間多尿

夜間には、尿を濃縮して尿量を減らす抗利尿ホルモンが分泌されます。その分泌は加齢に伴い減少し、夜間の尿量が増え夜間頻尿となります。睡眠中に1日尿量の3分の1以上が造られていれば夜間多尿です。例えば高齢者で1日尿量が1800㎖なら600㎖以上が夜間多尿です。
夜間多尿の原因は老化ですが、それを助長する要因の一つは水分の過剰摂取です。脳梗塞や心筋梗塞などの予防として水分摂取を促され、結果的に過剰に摂ると、夜間多尿となります。さらに心不全・腎不全、服薬の影響も考えられ、注意が必要です。

夜のトイレで困っている方は

昼夜の尿量、膀胱の容量や切迫感の有無、弱い尿意でトイレに行く排尿習慣がないかなど、ご自身の排尿状態を把握した上で、適切な生活指導や治療が重要となります。一回でも減ると楽になりますよ。
PVP(グリーンライトレーザー前立腺蒸散術)は欧米を中心に広く普及しております。高い安全性と有効性が確認されています。
①術中や術後の出血が極めて少ない
②術後の尿道カテーテル留置が短い(24時間以内で抜ける)
③尿の出かたが速やかに回復し、痛みも少ない
④性機能への影響が少ない
以上が特徴で、早期の社会復帰が可能です。

それぞれの疾患は当院のホームページで詳しく説明しています。

 

 

東光やわらぎ泌尿器科

旭川市東光3条6丁目東光やわらぎ泌尿器科

yawaragi

 

神居やわらぎ泌尿器科

旭川市神居3条9丁目神居やわらぎ泌尿器科

yawaragi02

北彩都病院

navi_hiny

診療科目 泌尿器科 内科 外科
住所 旭川市宮下通9丁目
TEL 0166-26-6411
診療時間 平日/午前9:00〜12:30、午後1:30〜5:00
(外科診療/月曜日・木曜日)
休診 土曜日、日曜日、祝日
HP http://www.kitasaitohospital.or.jp/

 

〈記事提供〉
石田 裕則 理事長・院長
略歴
1980年3月、北海道立旭川東高等学校卒業
1986年3月、北里大学医学部卒業
1986年6月、北里大学泌尿器科
1993年4月、米国(ロサンゼルス)シティ・オブ・ホープ・ナショナルメディカルセンター留学
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医・指導医
日本医師会産業医
医学博士
インフェクションコントロールドクター

 

最良の医療の提供を目指して

 

【泌尿器科】

泌尿器科では、種々の泌尿器科疾患に対応しております。腎・尿路結石治療では、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)、内視鏡手術等による治療を行っており、前立腺肥大症に対しては、治療法のひとつとしてホルミウムレーザーによる前立腺核出術を実施しております。また、背中、脇腹、股の付け根や下腹部の痛みなどの症状があるときには、泌尿器系の疾患が原因であることも多いので、そのような症状がある場合はお気軽にご相談ください。

前立腺癌の早期発見と予防について

食生活や生活習慣の変化等により急増している前立腺癌の早期発見と予防に努めております。当院では、前立腺癌の早期発見に有用なPSA血液検査を、ワンコイン検診として実施しており、採血した後約40分で検査結果が出ますので、忙しい方にも気軽に受けていただくことができます。また、定期的に市民講演会を開催しており啓蒙活動にも力を入れております。
 

【内科】

内科では、腎臓内科を中心に、人工透析内科、糖尿病内科、一般内科の診療を行っております。2018年4月より、糖尿病内科医師1名、内科医師1名が増員され、さらに充実した診療体制となりました。
当院内科の特色として、慢性腎臓病(CKD)の診療を中心に行っており、血尿、蛋白尿に対し早期診断を行い、腎不全への移行を予防し、いかに透析療法の導入を遅らせるかに力を注いでおります。透析療法を必要とする場合でも、患者さんに応じた適切な治療法を選択していただく事ができます。
 一般内科においても、かぜ、生活習慣病(高血圧、糖尿病、高脂血症など)に対する診療を行っております。さらに、一般健康診断、特定健診などの各種健診も行っております。
 また、80列マルチスライスCTやMRIを用いた画像診断による腫瘍病変の早期発見や、骨密度測定による骨粗鬆症の診断、血圧脈波計による動脈硬化の検出もわずか10分程で診断することができます。腎臓病のみならず一般内科、健診にも力を入れ、幅広い内科診療を展開しております。

血液浄化療法センターについて

当センターでは血液透析、血漿交換療法の他、種々の血液浄化療法を実施しており、合併症への対応も含めた総合的な血液浄化医療を実践しております。
 センターには、食堂・談話室を広く設け、ゆったりとした中に間接照明や個室感のあるつくり、個人用テレビなどを設置し、治療中の時間をより快適に過ごして頂ける様に環境を整えております。透析スケジュールも患者さんの都合に合わせ、夜間透析・在宅透析なども選択できますので、ご相談ください。また、持続携帯式腹膜透析(CAPD)治療も可能です。

 

【透析外科】

血液透析の実施に必要となるバスキュラーアクセスの作成および維持・管理を行っております。また、アクセス不全に対しては、人工血管を用いた再建、また、カテーテル(PTA)治療による再建も行っております。

 

【血管外科】

腹部、下肢領域の動脈、静脈性疾患に対する治療を行っております。対象疾患は、閉塞性動脈硬化症(ASO)、静脈瘤などです。下肢ASOに対しては、内服治療や運動物理学療法といった保存的な治療から、症例によっては血管内治療(カテーテル治療)やバイパス手術といった血行再建治療を行っております。静脈瘤に対しては短期入院での手術治療を行っております。

下肢静脈瘤血管内レーザー治療について

下肢静脈瘤の治療として、ELVeSレーザー1470を用いた血管内レーザー治療(保険適用)が可能です。下肢静脈瘤とは、足の静脈の弁が壊れてしまう血管の病気です。足の血管がボコボコと浮き出ている、足がむくむ、足の色が変色しているなどの症状でお悩みの方はご相談ください。

 

【消化器外科・肛門外科】

専門医による大腸・肛門疾患(がん、直腸脱、便秘、いぼ痔など)、ヘルニア(脱腸)を中心とした診療を行っており、胃カメラ・大腸カメラ検査も実施しております。また、がん治療認定医による進行性大腸癌の化学療法(抗癌剤治療)も行っています。肛門疾患に対しては、最新のデジタル肛門鏡を整備しており、患者さんも画像を見ながら治療することが可能です。お腹の不快感、肛門の痛みなどでお悩みの方は、一度ご相談ください。
 

【整形外科】

毎週水曜日の午後に、当法人関連施設である豊岡内科整形外科クリニックの担当医師等による診療を行っております。より専門的な治療が必要な場合は、豊岡内科整形外科クリニックと連携し、通院および入院治療が可能です。
 

旭川市宮下通9丁目北彩都病院

kitasaito

kitasaito