眼科

あさひかわ眼科クリニック

navi_shika

 

診療科目 眼科(緑内障治療)(白内障の治療)(一般の眼科治療)(眼科手術)
住所 旭川市1条通6丁目 クリスタルビル5F(JR旭川駅より徒歩5分)
TEL 0166-76-1124
診療時間 月・火・水・木・金
午前/9:00~12:30 受付午前(8:45~12:00)
午後/14:00~18:30 受付午後(14:00~18:00)

午前/9:00~13:00 受付(8:45~12:30)
午後/休診
休診 日曜・祝日
HP http://www.asahikawa-eye-clinic.com/
<記事提供>
川井 基史 院長
略歴:
旭川東高校卒業。1997年旭川医科大学卒業。同大眼科学講座入局。
関連病院をはじめ、東京医科大学(緑内障臨床研究)、熊本大学(緑内障基礎研究)に国内留学、旭川医大眼科講師・外来医長・副科長を経て開院。日本眼科学会眼科専門医。医学博士。
<記事提供>
川井 尚子 副院長
略歴:
2007年旭川医科大学卒業。同大眼科学講座入局。旭川医大弱視斜視外来担当。
日本眼科学会眼科専門医。医学博士。

 

緑内障のオーダーメイド治療

当院は2018年5月1日に開院しました。交通の便が良いため、開院後より旭川市以外からも患者さんが来院しています。当院の特徴は、緑内障患者さんが多いことです。院長が旭川医大在籍中、緑内障専門外来を担当していたため、開業後も引き続きクリニックでの治療継続を希望する患者さんや、広告やHPを見て、緑内障でお悩みの患者さんがご自身の判断で受診されるケースが多いからです。当院の緑内障治療の選択肢は多く、点眼治療の他、レーザー治療や手術も実施しており、すでに実績を上げています。緑内障手術の多くは白内障手術と同時に実施しますので、術後、視力が上がると同時に眼圧が下がるため、手術を選択した患者さんには喜んで頂けています。緑内障はタイプ、眼圧、年齢、ライフスタイルなど様々な要素を考慮して、治療の負担と効果のバランスを考えることが重要です。当院では個々の患者さんに最適な治療を提案します。女性医師の副院長と眼科専門医二人体制で、待ち時間の短縮を心がけつつ、緑内障以外の様々な眼疾患の治療にも全力で取り組んでいます。
 

 

あさひかわ眼科クリニック(旭川)

asahikawaganka

松井眼科医院

navi_shika

shibu_shika

 

診療科目 眼科
住所 旭川市3条通9丁目左10号
TEL 0166-23-4242
診療時間 月・火・金曜日 午前/9:00~12:30 午後/14:30~18:00
水・木曜日 午前/9:00~12:30 午後/手術のため外来休診
土曜日午前/9:00~12:30
休診 土曜日の午後・日曜・祝日
HP http://www.matsui-eye-clinic.com/
<記事提供>
松井 英一郎 院長
略歴:
1992年旭川東高校卒業、1999年獨協医科大学医学部卒 同眼科学教室入局、2001年亀田総合病院(千葉県)眼科シニアレジデント、2004年済生会宇都宮病院 眼科、2011年南那須地区広域行政事務組合立那須南病院 眼科医長、2013年松井眼科医院 院長

 

多焦点眼内レンズ 白内障手術について

人の目はカメラと同じ構造です。白内障は水晶体というカメラのレンズにあたる部分が徐々ににごり、きれいな写真が撮れなくなる状態です。眼鏡やコンタクトレンズはカメラのピント合わせにすぎません。そのため白内障が進行するとメガネやコンタクトレンズを使用しても視力は出なくなります。白内障は視力低下だけでなく、かすみやまぶしさ、物が二重に見えるなどの症状も起きますので、見え方に違和感が生じた際には眼科受診をお勧めいたします。

白内障の手術治療は水晶体を摘出し、眼内レンズに置き換える内容で、これは50年来変化ありません。しかし手術機器、技術の進歩は目覚ましく、私が医師になった時代に約12㎜切開した手術を現在はわずか2㎜で行っています。なかでも著しく進歩したものは眼内レンズです。

眼内レンズの大きさは従来から12〜13㎜ですが、折り畳み式眼内レンズの登場で小切開手術が一気に加速しました。現在ではインジェクターと言う器具で2㎜の切開から安全に挿入しています。またレンズの機能も向上しており、手術で近視や遠視、乱視を矯正出来るようになりました。そして近年注目されているレンズが多焦点眼内レンズです。

現在主流の眼内レンズは単焦点レンズと呼ばれ、ピントが決まった位置にしか合いません。そのため遠くから近くまでしっかり見るためには手術後も眼鏡によるピント合わせが必要でしたが、最新の多焦点眼内レンズは大凡遠近まんべんなくピントが合うため眼鏡をかける頻度を大幅に減らすことができます。

当院は平成28年に道北で初めて多焦点眼内レンズ先進医療施設認定を受け治療を行ってきました。手術の適応・内容などご興味をお持ちの方はクリニックまでご連絡ください。
 

松井眼科医院(旭川市)

takamiya

いずみ眼科

navi_kokyu

診療科目 眼科
住所 旭川市末広1条1丁目
TEL 0166-51-2111
診療時間 月・水・木/9:00-12:00, 14:00-18:00
火・金・土/9:00-12:00
休診 日・祝日
HP http://izumiganka.jp
<記事提供>
泉 直宏 理事長・院長
略歴
日本眼科学会眼科専門医・医学博士
日本医師会認定産業医
2001年旭川医科大学卒業

最新の日帰り白内障手術と
なみだ目治療

 当院が最も力を入れている治療は白内障手術です。白内障手術は10年前と比べても大きく進歩しています。特に手術器械が進歩したことにより、合併症が減っただけでなく目にやさしい手術ができるようになっています。そのためよほど白内障が進行していない限り、翌日からよく見えることがほとんどです。
 最近の白内障手術は裸眼視力(眼鏡なしの視力)ができるだけ上がるような手術を目指すようになっており、そのために手術前にその患者さんの眼の詳細な形状を解析した上で適切な人工レンズを選択することが重要となっています。当院では道北では数台しかない角膜形状解析検査装置を開院当初から導入し、近年登場している乱視矯正眼内レンズや多焦点眼内レンズ(先進医療)も適時使用しております。
 当院のこだわりとしては、患者さんの眼に合わせて切開部位を変えたり、切開の入口や出口をずらしたり、切開幅も0.1㎜単位の幅の異なるメスで切り替えるなど、より良い裸眼視力が出るように細かなさじ加減を行っています。
 これだけ白内障手術が劇的に進歩しているにもかかわらず、白内障手術は比較的安価に受けることができる手術の一つです。費用につきましては年齢や健康保険の種類などにより異なりますので、受診した際に問い合わせてみてください。
 
 当院が力を入れている治療のもう一つの柱として、「なみだ目」があります。なみだ目は様々な原因で起こりますが、最も典型的なのはいわゆる涙が抜けていく管が詰まってしまうものです。治療としては「涙管チューブ挿入術」という手術が一般的です。
 手術とはいっても、部分麻酔で約20~30分程度ですので日帰りで対応できます。従来、この治療は医師の経験的な感覚で行っておりましたが、この方法では成功率は7~8割でした。これ以上成功率が上がらないのは技術的な問題というよりも、患者さんの涙管の個人差であることから、当院では涙道内視鏡と鼻内視鏡という涙管内や鼻の中を直接観察できる最新機器を導入しました。この機器により直接詰まっている所を見ながら広げることができますので、治る確率が更に上がり、現在では約9割程度となりました。
 とはいえ、涙管の詰まりがないにも関わらず、なみだ目という患者さんも数多くいらっしゃいます。その場合、涙管以外の原因を丁寧に検索していきます。まぶたの問題であったり、結膜や角膜の病気であったり、またそれらが複数組み合わさっていることもあります。このようななみだ目に対しては点眼治療が中心となってきます。
 なみだ目は治らないと言われてあきらめている方も一度受診されることをお勧めします。
 

43.802601, 142.381289

izumi

旭川たかはし眼科

navi_kokyu

診療科目 眼科
住所 旭川市東光1条2丁目1-2
TEL 0166-37-0800
診療時間 月・水/9:00-12:00, 14:00-17:00 火・木・金/9:00-12:00
休診 日・祝日
HP https://www.asahikawa-takahashi-ganka.com
<記事提供>
高橋 淳士 院長
略歴
旭川医科大学卒業。旭川医科大学病院講師、外 来医長、病棟医長、経営医長を歴任。2016年5月旭川たかはし眼科開院。
日本眼科学会認定専門医・指導医。光線力学療法認定医。医学博士。
所属学会・医会:日本眼科学会・日本眼科手術学会・日本網膜硝子体学会・日本白内障屈折矯正手術学会・日本眼循環学会・日本眼科医会・北海道眼科医会・道北眼科医会

白内障と網膜硝子体の日帰り手術

 基幹病院に匹敵する最新機器を備える旭川たかはし眼科。高橋淳士院長は15年にわたり旭川医大病院に勤務し、難症例白内障手術や極小切開網膜硝子体手術など、高度な技術を要する手術を数多く手掛けてきた実績を持つ。
 院内には、道北管内のクリニックでは初めて白内障と網膜硝子体を同時に可能な手術装置コンステレーションビジョンシステムと広角眼底観察システムを備えた手術顕微鏡ルメラを導入。白内障手術はもとより、黄斑円孔、網膜前膜、硝子体出血などに対する網膜硝子体手術を道北地区で唯一、日帰りで実施している。さらに眼内レンズの度数決定には、最新型フーリエドメイン方式の光学式眼軸長測定装置OA︲2000を導入。すでに開院から3年間で、白内障手術を2890件、網膜硝子体手術を150件手掛け、多くの患者が明るい生活を取り戻している。また、遠くも近くも見やすい最新型の多焦点眼内レンズ(自由診療・片眼32万円 税別)を用いた白内障手術も行っている。厚生労働省の先進医療施設に認定されており、民間医療保険で先進医療特約に加入している場合、通常手術代が全額給付される場合がある。ほかにも網膜静脈閉塞症や加齢黄斑変性症などの精密な診断を可能とするOCTアンギオグラフィーを搭載したスペクトラルドメイン光干渉断層計シラスを完備。また、網膜裂孔や糖尿病網膜症の治療において、短時間で痛みをほとんど感じることなく効果が得られるパターンスキャニングレーザー網膜光凝固装置パスカルを導入。迅速かつ的確な診断と非侵襲的で適切な治療を目指している。
 「見える喜びと人生を左右する視覚を守ることが眼科医の使命です。これまでの経験を生かし、全力で取り組んでまいります」と高橋院長は話す。
 

東光1条2丁目1 旭川たかはし眼科

takahashiganka01

たかみや眼科

navi_shika

shibu_shika

 

診療科目 眼科
住所 旭川市神楽5条14丁目1-6 (駐車場完備:20台)
TEL 0166-63-7070
診療時間 月・火・木曜日 午前/9:00~12:00 午後/14:00~18:00
水・金・土曜日 9:00~12:00
休診 日曜・祝日
HP http://www.takamiya-ganka.com/
<記事提供>
高宮 央(あきら)院長
略歴:
北海道奈井江町出身。旭川医科大学を卒業後、同大学眼科学講座に入局。
2005年~2007年、米国ハーバード大学スケペンス眼研究所で網膜移植および網膜再生の研究を行う。
帰国後、旭川医科大学眼科学講座の医局長、病棟医長、外来医長を歴任後、2015年11月にたかみや眼科を開院。

 

厚生労働省 先進医療認定施設

最新の技術と治験で高度の眼科医療を提供致します

 旭川医大眼科で医局長、病棟医長、外来医長を歴任後、平成27年に開院し現在4年目を迎えています。旭川医大在職中は「加齢黄斑変性」など視力の低下に直接関係する「黄斑疾患専門外来」の責任者として多くの患者さんの治療に携わってきました。

 これらの疾患に対し当院では最上位機種の光干渉断層計を用いた診断を行い、大学病院でも行っている最新の治療法「抗VEGF薬療法(年間約350件実施)」や痛みの少ないパターンレーザー光凝固術治療を積極的に行っています。また、失明原因の第一である緑内障に対しても光干渉断層計を用いた早期診断、早期治療を行っています。

 当院は平成30年1月に厚生労働省の「先進医療認定施設」に認定され、ご希望があれば遠くから近くまで見ることが可能な「多焦点(遠近両用)眼内レンズ」を用いた白内障手術を行っていて、患者さんからも好評を得ております。また、眼内コンタクトレンズ(ICL)を用いた新しい近視矯正手術の認定施設にもなっており、近視の改善にも力を入れています。

 患者さんに納得して治療を受けて頂けるようしっかりとお話をした上で、長年の大学病院勤務から得た知識と経験を生かして、最良の治療法を提供していきたいと思っています。目のことで何か気になることがありましたら、お気軽にご相談下さい。

たかみや眼科4964

ゆとりある空間に最新機器を備えた検査室

 

旭川市神楽5条14丁目1-6

takamiya

駅前北村眼科

navi_ganka

h_ekimae

qr_ekimae

診療科目 眼科
住所 旭川市宮下通7丁目2-5
イオンモール旭川駅前 2階
TEL 0166-29-6595
診療時間 月・火・木・金・土・日・祝日 10:30〜14:00 15:00〜18:30
昼休み時間 14:00〜15:00
土日祝日も診療
休診 水曜日
HP http://www.kitamuraganka.com/
ph_ekimae 〈記事提供〉北村 淳 院長
略歴
北海道大学医学部卒業。大阪大学医学部眼科学教室所属。コンタクトレンズ専門クリニック、東大阪市立総合病院勤務を経て2005年開設。日本眼科学会ほか各会員

この春、新しくオープンしたイオンモール旭川駅前に移転しました

旭川駅直結で、イオンモールの屋内駐車場も2時間まで無料で利用できるため、たいへん利便性が高まったと思います。
以前は「エクスビル」「明治屋ビル」で約10年にわたり診療に従事してきましたが、質問しやすい眼科を目指して、病気のこと、治療内容、気になる症状、どんな小さな疑問点でも聞いていただき、解決できるように努めてまいりました。
例えば、この目薬がどうして治療に必要なのか、この子にめがねをかけさせるべきか、コンタクトレンズの不調をどうすれば解決できるか、その他、様々な質問にわかりやすくお答えするのが、最も大切な仕事の一つとして考えております。ぜひ、お気軽にご質問ください。

子どもの視力低下について、仮性近視の説明を中心に説明したいと思います。視力低下の大きな原因として、目の病気、屈折異常、仮性近視の3つがあります。角膜炎(黒目の傷)など、目の病気がある場合は、適切な治療を行う必要があります。
それに対して、いわゆる近視や乱視と呼ばれる弱視のない屈折異常は、目の中でピントの合う位置がずれてしまい、遠くが見えない状態です。子供に対してできる根本的な治療法は現在のところありませんので、見にくくて困るようならめがねの装用が必要になります。
3つ目の仮性近視は、治療により回復が期待できます。ピントを合わせる毛様体筋が過度に緊張することが原因で、携帯ゲームなどを長時間するなど、近くの作業が続くと起こることが多いです。
点眼治療や望遠訓練で改善しますので、眼科で見つかり次第、適切な治療を行います。これらの区別は、診察をしないとわかりませんので、学校検診で要精査となった場合は、放置せずに眼科を受診することがとても大切です。

ekimae01

旭川市宮下通7丁目2-5

k_ekimae

東光眼科

navi_ganka

診療科目 眼科
住所 旭川市東光9条6丁目1-12
TEL 0166-39-3113
診療時間 月・火・木・金 9:00~12:00/13:30~17:30 水 9:00~12:00 土 8:45~12:00
休診 日曜・祝日
HP http://www.toko-ganka.com/
<記事提供>
今田 恵 院長

略歴
1988年旭川医大卒業、旭川医大眼科入局。
釧路日赤病院、遠軽厚生病院、旭川高砂台病院勤務。
2002年東光眼科副院長。2011年東光眼科院長。
鳥井 希恵子 医師

緑内障検診とお子さんの視力検査

緑内障検診を受けましょう

緑内障は、「40歳以上の20人に1人」と言われていますが、初期には自覚症状がありません。何年もかけてゆっくりゆっくり視野が狭くなるため、気づかれにくいようです。症状がない初期に見つけ、しっかり治療ができれば、生活の不便がでない病気とも言えます。
当院に15年以上通院されている患者さんの受診のきっかけをみると、「ドッグで緑内障疑いと言われた」という方がほとんどです。現在、特定健診やドッグでは、必ずしも眼底検査が含まれていません。眼科での緑内障の検査は非常に進歩しています。緑内障に特化した眼底検査を行うことにより、極初期の緑内障を診断することができます。40歳を越えたら、是非一度緑内障検診を受けてください。
また、近視の強い方、緑内障のご家族がいらっしゃる方は、緑内障になりやすいと言われていますので、20代の方にも検査をお勧めしています。

お子さんの視力検査は何歳から?

視力検査ができる年齢には非常に個人差があります。病院が苦手でお顔も目も見せてくれずに終わってしまう場合もありますが、何度か検査をすると慣れてくるお子さんが多く、3歳から4歳くらいで視力が確認出来ることが多いです。当院では、お子さんに負担のかからない機器を用いた検査、点眼を用いた精密検査、ご自宅で練習後の視力再検査と、正確な視力の確認を心がけています。
「時々目が内側による」「3歳半検診で視力が確認出来なかった」場合には、治療としての眼鏡装用が必要となる場合もあります。気になることがあれば、早めに眼科で検査を受けることをお勧めします。
toukouganka02
 

東光眼科, 日本、〒078-8349 北海道旭川市東光9条6丁目1−12

toko_gan

稲積眼科医院

navi_ganka

診療科目 眼科
住所 旭川市中常盤町1丁目
TEL 0166-23-2081
診療時間 平日 9:00~12:00 14:00~17:00
木・土 9:00~12:00
休診 日・祝日
稲積 文子 院長
略歴
北海道立女子医専(現・札幌医大)卒業。旭川赤十字病院眼科勤務を経て、1963年稲積文子眼科医院開業。99年学校医として全国学校保健研究大会で文部大臣賞受賞。
93年学校法人稲積学園北都保健福祉専門学校理事長就任。旭川市選挙管理委員。
2008年春の叙勲・瑞宝双光章受賞。医学博士。

最近の眼の病気

旭川赤十字病院眼科部長を辞めて、現在地で開院してから40年が過ぎました。その間、時代の流れと共に眼の病気も変化してきました。
昔はレッドアイクリニックと言って、トラホーム、はやり目など、結膜の感染性疾患が主流でした。

昭和40年頃よりホワイトアイクリニックと言って、緑内障、白内障、糖尿病性網膜症など、結膜以外の疾患が重要視されてきました。何れの疾患も視力が低下するので、高齢化社会に於いては関心を持つ必要があります。

緑内障は、気がつかないうちに進行して、眼がかすんでから眼科医を受診するのでは遅いのです。一寸気になる方は、早めに受診されるようおすすめします。
最近、緑内障の治療は、手術よりも点眼薬が中心で、目薬の種類も色々な角度から研究が進み、異なる作用で総合的に治療致します。私の所では、その人の症状に応じて目薬の種類を組み合わせて投薬しております。

白内障は日常の生活が不便に感じるようになった時、手術をおすすめしております。手遅れと言うことはありません。
私の所では、患者さんの状況に合わせて、日帰りにするか、3〜4日間の入院にするか決めております。
手術時間は20分前後で、麻酔の技術も向上して痛くありません。手術した翌日より、ドラマティックに視界が明るくなり、表情や動作が驚くほど若返るので喜んでくださいます。

糖尿病性網膜症はレーザー光線をかける事により、進行を防ぐ事ができますが、高額の費用がかかります。
内科医の指導を受け、低血糖だけは起こさないよう注意しなければなりません。

最近の眼科は驚くほど時代の先端を突っ走っております。それに遅れない様に、毎日が勉強の生活です。

 

旭川市中常盤町1丁目稲積眼科歯科医院

k_inaseki

池田眼科

navi_ganka

診療科目 眼科
住所 旭川市4条14丁目左5号
TEL 0166-23-3668
診療時間 平日AM9:00〜 PM5:00火・土AM9:00〜 AM12:00
休診 日曜・祝日
HP http://www.ikedaganka.com/
池田 弘 院長略歴

北里大学医学部卒業。1993年旭川医大眼科入局後、遠軽厚生病院眼科、
北見日赤病院眼科、美唄労災病院眼科を経て、2005年池田眼科院長

ドライアイ

目が乾く、目がゴロゴロする、充血しやすい、めやにがでる、目が疲れやすい、 目が重苦しい、なんとなく目の調子が悪い…などという漠然とした症状のある方を調べてみると、ドライアイの方が少なくないのです。

涙というのは、泣き笑いしてでてくる涙とは別に、 自分では気づかない微量の涙が常に目の表面に存在して、目の乾燥を防いでいます。
涙を良く調べてみると、脂肪分が主体の「脂層」、水分が主体の「水層」そして、ムチンという粘液の「ムチン層」という3つの層で形成されています。

いわゆるドライアイは、
①涙自体の分泌が少ない。
②涙の脂層・水層・ムチン層 のバランスが崩れて涙  が乾燥しやすい。
③乾燥した部屋にいる、パ ソコン作業やコンタクト レンズの装用などにより、 涙が乾燥しやすい環境に ある…。
などで前にお話しした目の症状になります。

ドライアイの治療には涙に近い成分の人工涙液の目薬、涙を安定させる成分の入った目薬、ムチンの分泌を促進する目薬を使います。涙の脂層を安定させるために、マイボーム腺というまぶたの縁から脂肪の出る所を暖めてマッサージをします。重症な方には涙点プラグというものを使って涙をなるべく目の表面にせき止めておく方法を使う事もあります。

ドライアイの方がふだん心がけておくこととしては、意識的にまばたきをする。一時間には10分程度の休憩をする。パソコンを使う方は画面を目線より下げて使う。
暖房や冷房の風が直接目に当たらないようにする。コンタクトレンズ装用はなるべく短時間にすることなどです。なんとなく目の調子が良くないと思っている方は、眼科でドライアイについて検査を受けてみてはいかがでしょうか?

旭川市4条14丁目左5号