眼科

池田眼科

navi_ganka

診療科目 眼科
住所 旭川市4条14丁目左5号
TEL 0166-23-3668
診療時間 平日AM9:00〜 PM5:00火・土AM9:00〜 AM12:00
休診 日曜・祝日
HP http://www.ikedaganka.com/
池田 弘 院長略歴

北里大学医学部卒業。1993年旭川医大眼科入局後、遠軽厚生病院眼科、
北見日赤病院眼科、美唄労災病院眼科を経て、2005年池田眼科院長

ドライアイ

目が乾く、目がゴロゴロする、充血しやすい、めやにがでる、目が疲れやすい、 目が重苦しい、なんとなく目の調子が悪い…などという漠然とした症状のある方を調べてみると、ドライアイの方が少なくないのです。

涙というのは、泣き笑いしてでてくる涙とは別に、 自分では気づかない微量の涙が常に目の表面に存在して、目の乾燥を防いでいます。
涙を良く調べてみると、脂肪分が主体の「脂層」、水分が主体の「水層」そして、ムチンという粘液の「ムチン層」という3つの層で形成されています。

いわゆるドライアイは、
①涙自体の分泌が少ない。
②涙の脂層・水層・ムチン層 のバランスが崩れて涙  が乾燥しやすい。
③乾燥した部屋にいる、パ ソコン作業やコンタクト レンズの装用などにより、 涙が乾燥しやすい環境に ある…。
などで前にお話しした目の症状になります。

ドライアイの治療には涙に近い成分の人工涙液の目薬、涙を安定させる成分の入った目薬、ムチンの分泌を促進する目薬を使います。涙の脂層を安定させるために、マイボーム腺というまぶたの縁から脂肪の出る所を暖めてマッサージをします。重症な方には涙点プラグというものを使って涙をなるべく目の表面にせき止めておく方法を使う事もあります。

ドライアイの方がふだん心がけておくこととしては、意識的にまばたきをする。一時間には10分程度の休憩をする。パソコンを使う方は画面を目線より下げて使う。
暖房や冷房の風が直接目に当たらないようにする。コンタクトレンズ装用はなるべく短時間にすることなどです。なんとなく目の調子が良くないと思っている方は、眼科でドライアイについて検査を受けてみてはいかがでしょうか?

旭川市4条14丁目左5号

山田眼科

navi_ganka

診療科目 眼科
住所 旭川市豊岡4条3丁目3-17
TEL 0166-31-6222
診療時間 月・火・木・金 午前9:00~12:00 午後2:30~5:00
土 午前9:00~12:00
休診 土曜午後、水曜、日曜、祝日
HP http://www.yamadaganka.jp/
<記事提供>
大谷地 裕明 院長

略歴:
1986年東海大学医学部卒業、札幌医科大学眼科入局。1995年医学博士号取得。2002年山田眼科副院長、2008年11月同院長・理事長に就任。日本眼科学会専門医、PDT認定医。

最先端の設備と確かな技術で年間1600件の白内障手術

 白内障という病名は知っていても、どのような症状か正確に把握している方は少ないのではないでしょうか。
 わかりやすく表現すると「眼球内でレンズの役割をしている水晶体が白くにごってしまう病気」が白内障です。水晶体は外からの光を通過させて網膜に像を結ぶ役割を担っていますが、本来は透明な水晶体が濁ってしまうと、網膜まで光がうまく届かなくなります。初期には物がかすんで見えたり、太陽の光や照明がまぶしく感じられるなどの症状があり、さらに進行すると視力が低下してしまいます。

 治療法としては、濁りの進行具合や視力の変化を観察しながら目薬を使用します。症状によっては手術が必要となります。
 「白内障の手術は以前に比べると非常に容易になり、短時間で出来るようになった」と言われるようになりましたが、信頼できる技術をもつ医師をはじめとするスタッフが優れた医療機器を用いることにより、初めて実現するといえるでしょう。
 当院では、平均して年に1500件~1600件の白内障手術を行っています。日帰り手術のケースも多いのですが、症状により入院が必要な場合も入院施設をご用意しているので、安心して手術を受けていただくことができます。
 「以前に比べてまぶしさを感じるようになった」「物がかすんで見える」など自覚症状や不安に感じることがありましたら、早めに診察を受けることをおすすめします。

旭川市豊岡4条3丁目3-17山田眼科

環状通り眼科

navi_ganka

診療科目 眼科
住所 旭川市永山4条5丁目
TEL 0166-46-4060
診療時間 月・火・水・金 9:00~12:00 14:00~18:00
 9:00~12:00
休診 木・日曜・祝日
HP http://www.kanjo-ganka.com/
秋葉 純 院長
略歴
1982年旭川医大を卒業し、眼科に入局。京都大学、米国ハーバード大学に留学。1992年医学博士を取得。旭川医大眼科助教授を辞し2001年に開業。日本眼科学会専門医。

飛蚊症は危険サイン!

 目の前を虫が飛んでいるように見えたり、ゴミがちらつくように見え、目をこすっても消えないという経験をされた方は大勢いらっしゃることと思います。それは飛蚊症(ひぶんしょう)です。飛蚊症は目の中の透明なゼリーにできた濁りの影が見えるもので、虫、糸くず、髪の毛、ゴマ、たばこの煙、油煙などいろいろなものに見えます。

 40歳以上の方に突然おこる飛蚊症は、年をとるとだれにでもおこる目の老化現象ですから、たいていの場合は心配ありません。しかし、最悪の場合は失明することがある「網膜剥離」という恐ろしい病気の前触れのことがあります。当院を受診された方のなかにも、網膜剥離がみつかり、すぐにレーザー治療を行い、大事に至らなかった方が大勢いらっしゃいます。また、糖尿病や高血圧の方は、「眼底出血」が原因で飛蚊症がおこることがありますので、とくに注意が必要です。

 目の病気は早期発見が大事です。飛蚊症になったら、早めに眼科を受診することをお勧めします。

 

 

旭川市永山4条5丁目1番19号

こんの優眼科クリニック

navi_ganka

診療科目 眼科
住所 旭川市曙1条6丁目2-1
TEL 0166-25-8341
診療時間 平日/AM9:00〜PM1:00 PM3:00〜PM7:00
土曜日/AM9:00〜PM12:00 PM1:00〜PM3:00
*予約の方を優先して診療しています*
休診 日曜・祝日
HP http://www.8341ganka.com/
今野 優 院長
略歴
1963年帯広市生まれ。1988年旭川医大卒業。旭川医大眼科入局。米国ハーバード大学留学。1996年医学博士取得。士別市立病院眼科医長を退職し、2003年7月開業。 日本眼科学会専門医。

『患者さんに優しい眼科』をめざしています

 「こんな優しい眼科クリニックがあったらいいな」と思う眼科クリニックを実現させるために、常に『患者さんが自分だったら、自分の親だったら、自分の子供だったら』と考え、診察しています。おかげ様で素敵なスタッフに恵まれ、今年の7月で開院17周年を迎えます。

 目のことに関わらず、何か症状や病気があると、気分は沈むし、日常生活やお仕事の上で、何かと不自由があったり大変ですよね。やはり、一日でも早く治すことができたら一番良いですよね。私も、眼科医として適切な治療と処置、手術や投薬などで皆さんが一日でも早く不自由な状態から抜け出せるよう、常に最大限の診療を心掛けています。ですが、症状や病気というものは、私たち医師と、患者の皆さんとで、一緒に治していくものです。皆さんの「治そう」という気持ちが弱いときと、強いときでは、症状の良くなり方が違うものなのです。日常生活の上で、どうしてもできない場合などは仕方ありませんが、できるだけ、薬の使い方を守ったり、次回通院するタイミングなど「医師がお願いしたこと」はできる限り、守っていただけると症状も、早く良くなると思います。また、説明がよくわからなかった場合や疑問などは、遠慮なくおっしゃってくださいね。私たち医師は誰もが、患者さんが困っていることを、一刻も早く取り除いて、楽にしてあげたいと日々頑張っています。皆さんも、早く治すために一緒に頑張りましょうね!

 目はいつ調子が悪くなるかわかりませんので、平日は毎日診療しています。午前診療は午後1時まで行い、お仕事をお持ちの方の昼休みに対応します。午後は夜7時まで診療していますので、お仕事帰りの受診も可能です。土曜日も午後3時まで診療し、平日に休めない方に対応します。当クリニックでは「お待たせしない診療」をめざしています。待ち時間を短くするために予約の方を優先に診察しています。受診ご希望の方はお電話・メールでご予約くださいませ。。
 

旭川市曙1条6丁目2番1号

k_konno