整形外科

高桑整形外科 永山クリニック

navi_seikei

 

診療科目 整形外科/(運動器)リハビリテーション科/リウマチ科
住所 旭川市永山3条11丁目
TEL 0166-48-5276・48-5277
診療時間 平日/ 9:00〜12:30 14:00〜18:00水・土曜日/ 9:00〜12:30
休診 日曜・祝日
高桑 昌幸 院長略歴:
旭川東高(山岳部OB)、順天堂大学医学部卒(競技会スキー部OB)。
旭川医大整形外科同門。
医学博士
日本整形外科学会認定専門医
信条:名医たらずとも良医たれ
●神社に日々参拝し、温泉好きで龍乃湯温泉(東旭川)の大ファン(51歳)

ICU(集中治療室)レベルの清潔な環境
ラジオ波による高周波温熱機器を導入

開院から45年 地域住民からの信頼が厚いクリニック

1972年(昭和47年)の開院以来、地域に根ざし、地域の皆さんの健康な日常生活を見守るクリニックとして、幅広い世代の患者が訪れる高桑整形外科永山クリニック。
同院が地域医療として積極的に取り組んでいるのが高齢者の骨折予防。増加傾向にある高齢者の大腿骨骨折は、QOL(生活の質)の低下に直結してしまいます。同院では、骨の健康を精密に調べる全身骨密度測定装置を使用したり、薬物治療も行うなど「骨粗鬆症」や「ロコモティブシンドローム」対策にも力を入れています。
股関節を専門とする高桑昌幸院長は、骨粗鬆症や運動リハビリテーションなどの分野で多くの論文執筆、学会発表、講演などを行っており、2016年(平成28年)には旭川医科大学から医学博士号を授与されました。さらに、同年には論文に対して「旭川市医師会賞」を受賞するなど、臨床医ならではの視点を大切にした研究が高い評価を得ています。

高性能の最新空気清浄除菌脱臭装置を活用

高桑院長が日頃から心がけているのは、院内をいつも清潔に保つこと。オゾン+紫外線+光触媒のトリプル効果の空気清浄除菌脱臭装置7台を導入、来院者で院内が混雑する時間帯に行った空気中の細菌検査においても、優れた数値を記録。様々な場所において、手術室やICU(集中治療室)に求められるレベルの結果が出ています。

taka01

taka02

スポーツ障害の症状改善に期待
高周波温熱治療器

スポーツリハビリの分野にも力を入れている同院では、ラジオ波による高周波温熱治療器「フィジオラジオスティム」を道内の医療機関として初導入。スポーツ障害の改善への効果に期待が高まる次世代型の高周波温熱機器であり、電極とアースで身体をはさみ、ラジオ波で体内にジュール熱(摩擦熱)を発生させ、心地よい温熱により症状の改善に役立つとされています。すでに、野球やサッカーなどプロスポーツ界のアスリートが故障時のリハビリに活用するなど、いま高い注目を集めています。プロ野球選手の治療で有名になったショックマスターも国内で初めて導入しています。
他にも、すでにプロスポーツの現場で認知さえれている局所酸素注入機器「オキシ・エクストラ・メッド」を導入。大気中の空気から特殊フィルターで最大96%もの高濃度酸素を生成、約2気圧の酸素を患部の皮膚から直接注入。低酸素状態となり炎症を起こしている部位に酸素が供給されることにより、炎症が抑えられると考えられています。
臨床データを取るなど医学的な検証・研究を重ねることにより、「ケガをしたスポーツ選手の早期回復に役立てていきたい」と高桑院長。高校生や大学生をはじめ、本格的にスポーツに取り組む方、指導に携わる方から今後も注目が寄せられそうです。

理学療法士指導
一人ひとりに適したリハビリ運動療法

同クリニックの大きな特徴の一つが、一人ひとりの患者さんの状況に適した充実のリハビリ指導プログラム。研究熱心な理学療法士が、痛みを抑える物理療法(レーザー光線、超音波、電気治療など)と実際に身体を動かす運動療法を効果的に組み合わせて、患者さんと一緒にリハビリに取り組んでいます。
また、高齢者の方の骨折を未然に防ぐために、バランスボールを使用した運動など様々なプログラムにより、高齢者の転倒予防や機能改善を目指す取組みを行っています。
さらに、患者さん自らが主体的に行う体操を中心とする「マッケンジー法」を積極的に導入。マッケンジー法日本協会の支部長である岩貞吉寛氏による院内レ

17taka03

理学療法士と一緒に取り組むリハビリ運動療法

同クリニックの大きな特徴の一つが、一人ひとりの患者さんの状況に適したリハビリ指導の充実。痛みを抑える物理療法(レーザー光線、超音波、電気治療など)、体を動かす運動療法を組み合わせて、理学療法士が一緒にリハビリに取り組んでいます。
高齢者の骨折はそのまま生活の質の低下につながるので、未然に防ぐための取り組みが重要。バランスボールを使用した運動など様々なプログラムにより、高齢者の転倒予防、機能改善を目指します。
同クリニックでは、患者さん自らが主体的に行う体操を中心とする「マッケンジー法」を積極的に導入。マッケンジー法日本協会の支部長である岩貞吉寛氏による院内レクチャーを年2回開催し、症状の改善や体操の習慣化を推進しています。

taka04

旭川市永山3条11丁目高桑整形外科永山クリニック

taka05

片山整形外科リウマチ科クリニック

navi_seikei

診療科目 ●整形外科 ●リウマチ科 ●リハビリテーション科
住所 旭川市豊岡13条4丁目
TEL 0166-39-1155
診療時間 リウマチ
月・火・木・金 9:00〜12:00 14:00〜17:00  9:00〜12:00
整形外科
9:00〜12:00 9:00〜12:00 14:00〜17:00
第1・第3土曜日 9:00〜12:00(変動有、要確認)
休診 日曜・祝日
片山 耕 院長
略歴

1982年旭川医大卒、整形外科入局
1987年医学博士取得/1989年(2年間)米国テネシー大学リウマチ科留学
1995年道後温泉病院リウマチセンター整形外科部長
1997年旭川医大整形外科助手をへて2000年5月開業
日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会指導医、認定医、登録医、旭川医大臨床指導教授

リウマチと腸内細菌

関節リウマチ(リウマチ)をネズミなどの実験動物で再現することが出来ます。リウマチの動物モデルです。
このモデルを使った実験では、大腸菌由来の毒素であるエンドトキシンを動物に与えると免疫を狂わせ、関節炎が悪くなるという結果が得られています。また、リウマチ患者さんでは腸内細菌の分布の異常があることが報告されつつあります。

大腸菌は腸内細菌の一つで、大腸にいる代表的な悪玉細菌であることはよく知られています。もし大腸菌とこの菌が作るエンドトキシンを減らすことが出来たらリウマチが改善する可能性があると考えられます。

一般的には、ヨーグルトが腸内の代表的な善玉菌である乳酸菌を多く含み腸内の環境を改善し健康に役立っていることは周知の事実です。

一方、生の牛乳にごく微量に含まれているミルク抗体は大腸菌をはじめとする各種の悪玉細菌を直接たたきます。ミルク抗体を使って、細菌毒素や、毒素を産生する腸内細菌を減らすことが出来れば関節リウマチの改善が得られると思われます。当クリニックでは過去数年來、充分量のミルク抗体の効果を調べていますが、約半数の患者さんに何らかの臨床改善効果が認められ、その結果を報告しました(Nutrition journal 2011, 10:2)。

腸内細菌のコントロールによる新しい治療法がありそうです。

一般のリウマチ治療に対する考え方は、強力な免疫抑制剤や生物学的製剤などもちいてリウマチの症状を改善することですが、一方免疫抑制による副作用も認められることがあります。そのため合併症を多く持っている患者さんではなかなかこれらの薬剤が使用できません。しかし、ミルク抗体は、腸内悪玉細菌およびその毒素をへらし逆に本来の免疫を活性化することで臨床効果を発揮する可能性がありこれらの患者さんにもお勧めです。

旭川市豊岡13条4丁目片山整形外科リウマチ科クリニック

k_katayama

いわはら整形外科クリニック

navi_seikei

診療科目 整形外科・リウマチ科
住所 旭川市忠和4条5丁目
TEL 0166-69-2330
診療時間 月・火・木・金 9:00〜18:00 
 9:00〜12:30
休診 水・日曜・祝日
岩原 敏人 院長略歴

1980年旭川医科大学卒業
米国アーカンソー大学留学
旭川医科大学整形外科講師を経て、1998年開業。医学博士
日本整形外科学会専門医
スポーツ医、リウマチ医・脊椎脊髄医

歩行時にお尻から足にかけてシビれ、
痛みを感じる「腰部脊柱管狭窄症」

歩いているとお尻から足にかけてシビれを感じたり、痛くなる「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」。前かがみやしゃがむと一時的に軽減しますが、歩き出すと再び痛みが戻ってしまいます。坂道の下りや階段の下りる際も辛いのですが、自転車では痛みを感じません。一方、足の血管が詰まって血の巡りが悪くなると指の色が変わり、同じように足が痛くなります(主にふくらはぎ)。こちらはしゃがんでも楽にはなりませんし、自転車に乗っても痛みます。

では、「腰部脊柱管狭窄症」とはどのような原因で起きてしまうのでしょう。

人間の脊椎(せぼね)には、脊柱管という神経が通るトンネルがあります。この中を脳からつながった神経が通っており、枝分かれした神経が脊椎から出て手や足の神経となり、首から下の身体に分布しています(顔には脊椎を通らずに直接脳から出た神経が分布しているので、顔がしびれた時や口が上手く動かなかった時は脳の問題です。誤解しないでください)。

首の脊椎からは手の神経が、腰からは座骨神経、足の神経が出ていきます。従って、首に障害があると手がしびれ、腰に障害があって腰から出ていく神経を押しているものがあると、「坐骨神経痛」というお尻から足にかけてシビれたり、痛くなる症状が現れます。ひじをぶつけて、指先までビリッとシビれたり痛みを経験したことがありませんか。

これは、ひじの後ろを通り小指や薬指に達する神経をぶつけたため起こります。同じように、腰から出て足にのびる神経をぶつけると、足に響くような痛みやシビれを感じます。

40歳代までは、椎間板という脊椎と脊椎の間にあるクッションが出っ張る「椎間板ヘルニア」が原因というケースが多く、50歳以上の方は神経の周りにある骨や靱帯が出っ張る脊柱管狭窄症が多くなります。

ヘルニアは前かがみが辛く、脊柱管狭窄症は後ろにそるのが辛いのが特徴です。

診断にはMRIが必要です。「閉じ込められる感じが苦手……」という閉所恐怖症の方も、当院に設置されているオープン型のMRIなら大丈夫。余計なストレスを感じることなく撮影が可能です。

脊柱管狭窄症と診断されても、お薬やブロック注射で痛みやシビレは解消されますが、重い症状が続く場合は手術になるケースもあります。


旭川市忠和4条5丁目いわはら整形外科クリニック

k_iwahara

一条通病院

seikei_nai_syoni

 

診療科目 整形外科・リハビリテーション科・内科・小児科・アレルギー科・緩和ケア科・リウマチ科
住所 旭川市東光1条1丁目
TEL 0166-34-2111
診療時間 月~金午前8時45分~12時30分(診療開始 午前9時)午後の診療時間は科によってことなります。(水曜日の整形外科外来は午前12時まで)土曜日午前8時45分~11時30分(診療開始 午前9時)
休診 日・祝日
HP http://www.dohoku-kinikyo.or.jp/

一条クリニック

 

診療科目 内科
住所 旭川市東光1条1丁目
TEL 0166-34-1136
診療時間 月~金午前8時45分~12時30分(診療開始 午前9時)午後14時00分~16時30分土曜日午前8時45分~11時30分(診療開始 午前9時)夜間診療 毎週火曜17時30分~19時30分(診療開始 午後18時)
休診 日・祝日
HP http://www.dohoku-kinikyo.or.jp/

旭川医院 旭川市神楽3条4丁目 (0166)61-1117
訪問介護ステーション東光ぬくもりポート 旭川市東光1条1丁目 (0166)34-2917
旭川北医院 旭川市大町2条14丁目 (0166)53-2111
ケアプランセンター 旭川市東光1条1丁目 (0166)31-1356
ケアプランセンターかぐら 旭川市神楽3条4丁目 (0166)73-3914
ながやま医院 旭川市永山5条11丁目 (0166)46-2211
一条ケアセンター 旭川市東光1条1丁目 (0166)31-1152
かたくりの郷 旭川市神楽3条4丁目 (0166)63-1165
宗谷医院 稚内市末広3丁目 (0162)24-1117

旭川市東光1条1丁目一条通病院

ichijo