産科・婦人科

豊岡産科婦人科

navi_sanka

診療科目

産科・婦人科

住所

豊岡4条1丁目

TEL 0166-31-6801
診療時間

月・木曜日
午前9時~午後7時

火・水・金曜日
午前9時~午後6時

昼休み
午前12時30分~午後2時

土曜 午前9時~午後1時

休診 日曜・祝日(急患は随時受付いたします)
HP http://www.toyooka-clinic.com/
旭川市豊岡4条1丁目1番10号

みずうち産科婦人科

産婦人科

 

診療科目 産科・婦人科
住所 旭川市豊岡4条3丁目2-5
TEL 0166-31-6713
診療時間 月・木
AM9:00~PM6:30まで
火・金
AM9:00~PM6:00まで

通常外来は休診。
体外受精、人工授精、子宮卵管造影、各種手術などは完全予約制。

AM9:00~12:30まで
●昼休み
/12:30〜15:00
休診 日曜・祝祭日 第5土曜日は休診
HP http://www.mizuuchi.or.jp
水内 英充 院長
略歴
1976年、札幌医大卒業 1980年、同大大学院卒業医学博士
1988年、札幌医大産婦人科講師
1989年、ジョージワシントン大学(米国)留学
1994年、開業、日本産科婦人科学会専門医、日本臨床細胞学会細胞診専門医、日本東洋医学会漢方専門医、アメリカ産婦人科学会会員。

 

経口避妊薬について

1999年に低用量経口避妊薬が日本でも発売され、最近は希望される方が増えてきています。欧米では妊娠可能年齢婦人の50%程度が経口避妊薬を使用していますが、日本ではホルモン剤に対して誤解されている方が多いためか使用率は数%にとどまっています。
現在の低用量ピルのホルモンの量は従来のものより少ないため、副作用は軽減されていることをご存知ない方も多いようです。ピルを使う目的としては、避妊が最も多いのですが、月経血量の減少、月経痛の改善のために使用されることもあります。さらに、使用中は不安定な生理周期を規則的にします。その他、月経前にイライラ、気分の落ち込みなど様々な症状を呈する月経前症候群の治療やニキビ治療に用いられることもあります。
ピルとがんの関係を心配される方もいますが、イギリス王立家庭医協会からの報告では、ピルを使用したことがある女性は一度もピルを使用したことのない女性に比較し癌の発症率は11%低下するとされています。副作用は、使用開始した最初の周期に不正出血や吐き気が出ることがありますが、継続していくと副作用はほとんどありません。ただ、まれではありますが、静脈血栓塞栓症(VTE)を発症することが報告されています。しかし、実際は1年間使用している女性の99.9%以上は重篤な血栓症の副作用は経験していません。VTEでは、血液の塊(血栓)が下肢に形成された場合、ふくらはぎに腫れ、疼痛、熱感などが現れます。
このようなVTEのリスクは使用開始の最初の3か月に高く、その後減少します。しかし、気をつけて頂きたいのは1か月でも服用を中止しますと、リスクは初回の時と同様に再度高くなりますので、続けるのであれば、1か月も開けることなく継続使用してください。これら血栓塞栓症は喫煙、脂質代謝異常、肥満、高齢などがリスク因子となりますので、これらの因子を有する方は使用ができないことがあります。ピルの服用中止後、妊孕性に対する悪影響はなく、妊娠率に影響はありません。
また、ピルの服用による体重の増加を心配している方もいます。しかし、むくみのため増えることはありますが、ピルと体重増加の関係はないとされています。イギリスのガイドラインには、ピルの使用者の全死亡率は使用していない人に比較し12%低下すると書かれています。ピル使用者は長生きしているのです。副作用だけに注目するのではなく、数多くある利点にも眼を向けて服用を考えて頂きたいと思います。

 

旭川市豊岡4条3丁目2-5みずうち産科婦人科

mizuuchi