みずうち産科婦人科

産婦人科

 

診療科目 産科・婦人科
住所 旭川市豊岡4条3丁目2-5
TEL 0166-31-6713
診療時間 月・木
AM9:00~PM6:30まで
火・金
AM9:00~PM6:00まで

通常外来は休診。
体外受精、人工授精、子宮卵管造影、各種手術などは完全予約制。

AM9:00~12:30まで
●昼休み
/12:30〜15:00
休診 日曜・祝祭日 第5土曜日は休診
HP http://www.mizuuchi.or.jp
水内 英充 院長
略歴
1976年、札幌医大卒業 1980年、同大大学院卒業医学博士
1988年、札幌医大産婦人科講師
1989年、ジョージワシントン大学(米国)留学
1994年、開業、日本産科婦人科学会専門医、日本臨床細胞学会細胞診専門医、日本東洋医学会漢方専門医、アメリカ産婦人科学会会員。

 

加齢と妊娠力

加齢によって生殖機能は変化し、
妊娠しにくくなりますが、
その変化は女性そして男性にも認められます。

1.卵子の数の低下

 加齢は卵胞の数の減少や卵子の質の低下をもたらし卵巣の予備能は低下します。この予備能の低下により、卵胞が発育し排卵するまでの日数が短くなり、その結果、月経周期も短縮します。卵胞の閉鎖が促進され、消失する卵胞の数が増加します。その結果、加速度的に卵子の数が減少していきます。

2.卵子の質の低下…活性酸素の悪影響

 35歳以上、特に40歳以上では卵子の老化が進行し、妊娠率が低下します。
 アメリカ生殖医学会誌の論文では「酸化ストレスは卵子の質に悪影響を与えている中心的因子であり、また加齢は卵子の染色体の数的異常をもたらす重要な因子であり、それには活性酸素がきわめて重要な役割を演じていることに疑いはない」と記載されています。
 また卵子の加齢により、酸化ストレスの原因である活性酸素を消去する働きをする抗酸化酵素は減少し機能低下を起こしています。

3.精子と加齢

 以前は男性の加齢は妊娠への影響は大きくないとされていましたが、最近、男性も女性のように加齢とともに妊孕力が低下することが注目されています。
 たとえば、若い女性から提供された卵子で体外受精を行なうと、男性が50歳以上の場合は流産率が上昇し、出産率は低下したとの報告や、加齢による精液の酸化ストレスは精子の運動率の低下をもたらし、またDNAの断片化を促しますが、ビタミンC、Eなどの抗酸化ストレスのある薬剤を服用することにより、精子DNA断片化が22%から9%へと有意に改善したとする報告があります。
 精液の質は年齢の上昇とともに低下します。加齢の過程において活性酸素はDNAの複製、転写などに問題を引き起こし、その結果、精液量、前進運動精子率、前進運動精子数は高齢者に有意に低くなり、異常形態精子は高齢者に有意に高いと報告されています。
 今年の1月の論文では、流産を何度も繰り返す習慣流産では、精子のDNA異常も関係していると報告されています。

 以上のように卵子も精子もその質には活性酸素が最終的には影響を与えていることがわかっています。当院では血中の酸化ストレス、抗酸化力を測定していますのでご希望の方は来院下さい。
 

旭川市豊岡4条3丁目2-5みずうち産科婦人科

mizuuchi