高桑整形外科 永山クリニック

navi_seikei

 

診療科目 整形外科/(運動器)リハビリテーション科/リウマチ科
住所 旭川市永山3条11丁目
TEL 0166-48-5276・48-5277
診療時間 平日/ 9:00〜12:30 14:00〜18:00水・土曜日/ 9:00〜12:30
休診 日曜・祝日
高桑 昌幸 院長略歴:
旭川東高(山岳部OB)、順天堂大学医学部卒(競技会スキー部OB)。
旭川医大整形外科同門。
医学博士
日本整形外科学会認定専門医
信条:名医たらずとも良医たれ
●神社に日々参拝し、温泉好きで龍乃湯温泉(東旭川)の大ファン(51歳)

ICU(集中治療室)レベルの清潔な環境
ラジオ波による高周波温熱機器を導入

開院から45年 地域住民からの信頼が厚いクリニック

1972年(昭和47年)の開院以来、地域に根ざし、地域の皆さんの健康な日常生活を見守るクリニックとして、幅広い世代の患者が訪れる高桑整形外科永山クリニック。
同院が地域医療として積極的に取り組んでいるのが高齢者の骨折予防。増加傾向にある高齢者の大腿骨骨折は、QOL(生活の質)の低下に直結してしまいます。同院では、骨の健康を精密に調べる全身骨密度測定装置を使用したり、薬物治療も行うなど「骨粗鬆症」や「ロコモティブシンドローム」対策にも力を入れています。
股関節を専門とする高桑昌幸院長は、骨粗鬆症や運動リハビリテーションなどの分野で多くの論文執筆、学会発表、講演などを行っており、2016年(平成28年)には旭川医科大学から医学博士号を授与されました。さらに、同年には論文に対して「旭川市医師会賞」を受賞するなど、臨床医ならではの視点を大切にした研究が高い評価を得ています。

高性能の最新空気清浄除菌脱臭装置を活用

高桑院長が日頃から心がけているのは、院内をいつも清潔に保つこと。オゾン+紫外線+光触媒のトリプル効果の空気清浄除菌脱臭装置7台を導入、来院者で院内が混雑する時間帯に行った空気中の細菌検査においても、優れた数値を記録。様々な場所において、手術室やICU(集中治療室)に求められるレベルの結果が出ています。

taka01

taka02

スポーツ障害の症状改善に期待
高周波温熱治療器

スポーツリハビリの分野にも力を入れている同院では、ラジオ波による高周波温熱治療器「フィジオラジオスティム」を道内の医療機関として初導入。スポーツ障害の改善への効果に期待が高まる次世代型の高周波温熱機器であり、電極とアースで身体をはさみ、ラジオ波で体内にジュール熱(摩擦熱)を発生させ、心地よい温熱により症状の改善に役立つとされています。すでに、野球やサッカーなどプロスポーツ界のアスリートが故障時のリハビリに活用するなど、いま高い注目を集めています。プロ野球選手の治療で有名になったショックマスターも国内で初めて導入しています。
他にも、すでにプロスポーツの現場で認知さえれている局所酸素注入機器「オキシ・エクストラ・メッド」を導入。大気中の空気から特殊フィルターで最大96%もの高濃度酸素を生成、約2気圧の酸素を患部の皮膚から直接注入。低酸素状態となり炎症を起こしている部位に酸素が供給されることにより、炎症が抑えられると考えられています。
臨床データを取るなど医学的な検証・研究を重ねることにより、「ケガをしたスポーツ選手の早期回復に役立てていきたい」と高桑院長。高校生や大学生をはじめ、本格的にスポーツに取り組む方、指導に携わる方から今後も注目が寄せられそうです。

理学療法士指導
一人ひとりに適したリハビリ運動療法

同クリニックの大きな特徴の一つが、一人ひとりの患者さんの状況に適した充実のリハビリ指導プログラム。研究熱心な理学療法士が、痛みを抑える物理療法(レーザー光線、超音波、電気治療など)と実際に身体を動かす運動療法を効果的に組み合わせて、患者さんと一緒にリハビリに取り組んでいます。
また、高齢者の方の骨折を未然に防ぐために、バランスボールを使用した運動など様々なプログラムにより、高齢者の転倒予防や機能改善を目指す取組みを行っています。
さらに、患者さん自らが主体的に行う体操を中心とする「マッケンジー法」を積極的に導入。マッケンジー法日本協会の支部長である岩貞吉寛氏による院内レ

17taka03

理学療法士と一緒に取り組むリハビリ運動療法

同クリニックの大きな特徴の一つが、一人ひとりの患者さんの状況に適したリハビリ指導の充実。痛みを抑える物理療法(レーザー光線、超音波、電気治療など)、体を動かす運動療法を組み合わせて、理学療法士が一緒にリハビリに取り組んでいます。
高齢者の骨折はそのまま生活の質の低下につながるので、未然に防ぐための取り組みが重要。バランスボールを使用した運動など様々なプログラムにより、高齢者の転倒予防、機能改善を目指します。
同クリニックでは、患者さん自らが主体的に行う体操を中心とする「マッケンジー法」を積極的に導入。マッケンジー法日本協会の支部長である岩貞吉寛氏による院内レクチャーを年2回開催し、症状の改善や体操の習慣化を推進しています。

taka04

旭川市永山3条11丁目高桑整形外科永山クリニック

taka05