旭川たかはし眼科

navi_kokyu

診療科目 眼科
住所 旭川市東光1条2丁目1-2
TEL 0166-37-0800
診療時間 月・水/9:00-12:30, 14:00-18:00 火・木・金/9:00-12:30
休診 日・祝日
HP https://www.asahikawa-takahashi-ganka.com
<記事提供>
高橋 淳士 院長
略歴
旭川医科大学卒業。旭川医科大学病院講師、外 来医長、病棟医長、経営医長を歴任。2016年5月旭川たかはし眼科開院。
日本眼科学会認定専門医・指導医。光線力学療法認定医。医学博士。
所属学会・医会:日本眼科学会・日本眼科手術学会・日本網膜硝子体学会・日本白内障屈折矯正手術学会・日本眼循環学会・日本眼科医会・北海道眼科医会・道北眼科医会

白内障と網膜硝子体の日帰り手術

基幹病院に匹敵する最新機器を備える旭川たかはし眼科。高橋淳士院長は15年にわたり旭川医大病院に勤務し、難症例白内障手術や極小切開網膜硝子体手術など、高度な技術を要する手術を数多く手掛けてきた実績を持つ。

院内には、道北管内のクリニックでは初めて白内障と網膜硝子体を同時に可能な手術装置コンステレーションビジョンシステムと広角眼底観察システムを備えた手術顕微鏡ルメラを導入。白内障手術はもとより、黄斑円孔、網膜前膜、硝子体出血などに対する網膜硝子体手術を道北地区で唯一、日帰りで実施している。さらに眼内レンズの度数決定には、最新型フーリエドメイン方式の光学式眼軸長測定装置OA︲2000を導入。すでに開院から2年間で、白内障手術を1850件、網膜硝子体手術を95件手掛け、多くの患者が明るい生活を取り戻している。また、遠くも近くも見やすい最新型の多焦点眼内レンズ(自由診療)を用いた白内障手術も行っており、現在、厚生労働省の先進医療施設認定に向け申請準備中だ。
このほかにも網膜静脈閉塞症や加齢黄斑変性症などの精密な診断を可能とするOCTアンギオグラフィー(光干渉断層血管撮影)を搭載した最新型スペクトラルドメイン光干渉断層計シラスも所有。造影剤による副作用の心配もなくわずかな時間で検査が受けられる。また、網膜裂孔や糖尿病網膜症の治療において、短時間で痛みをほとんど感じることなく効果が得られるパターンスキャニングレーザー網膜光凝固装置パスカルを導入。迅速かつ的確な診断と非侵襲的で適切な治療を目指している。

「見える喜びと人生を左右する視覚を守ることが眼科医の使命です。これまでの経験を生かし、全力で取り組んでまいります」と高橋院長は話す。
 

東光1条2丁目1 旭川たかはし眼科

takahashiganka01