よねだ歯科クリニック

navi_shika

shibu_shika

 

診療科目 歯科
住所 旭川市花咲町6丁目きりんビル1F
TEL 0166-46-8028
診療時間 月・火・水・木 午前/8:30~12:30 午後/14:00~18:00
午前/8:30~12:30 午後/14:00~17:00
休診 金曜・土曜・祝日
HP http://shibukawa-dental.com/
<記事提供>
米田 和幸 院長

略歴:
2000年
北海道大学歯学部卒業
旭川市内の歯科医院に10年間勤務後、2017年6月開業。

 

入れ歯を使用する生活をもっと快適に!
オーダーメイドの総入れ歯にも対応

需要が多い入れ歯治療
稚内から来院の患者も

旭川市内の歯科医院に勤務していた10年間で、入れ歯を使用する方や、これから入れ歯を作りたいと考えている方が想像以上に多い、と実感しました」と語るよねだ歯科クリニックの米田和幸院長。
2017年6月に開業すると、近年では珍しい入れ歯治療への積極的な取り組みが話題となり、シニア世代を中心に多くの患者が来院。旭川市内はもとより、道内各地から評判を聞いて来院する方もおり、最新の治療により入れ歯に関する悩みを解消している。
ys01

留め金のない部分入れ歯で
装着時の違和感を最小限に

同クリニックでいま推奨しているのは、「ノン・クラスプ・デンチャー」という部分入れ歯。金属の留め金を遣わないので、使用者が会話時に口を開けても相手に「入れ歯だな」と気づかれにくい。
さらに、入れ歯の内側部分には非常に薄い金属を使用し、歯茎の部分も個々の口に合わせて作るため、入れ歯を装着している際の違和感も最小限に抑えることが可能。
見た目、そして使用感においても、入れ歯を使う人が日常生活で感じるストレスの軽減につながっている。
ys02

一人ひとりに合わせて調整
オーダーメイドの総入れ歯

また、一人ひとりの口の状態に合わせて、精密かつ丁寧な微調整を重ねて作る特別な総入れ歯「カワラダデンチャーシステム」も好評。
三重県の歯科医・川原田幸三氏が開発したオーダーメイドの総入れ歯は、旭川エリアでは唯一同クリニックが導入。平均すると1週間に1回のペースで3か月程度の調整期間が必要だが(個人により多少異なる)、従来の総入れ歯治療にありがちな「せっかく作ったのに、使用時に違和感があり何度も作り直す」という負担からの解放が大きな魅力。
すでに、同システムによる新しい総入れ歯の使用者から「自分の発する声が明瞭になり、以前のように臆せず会話やスピーチができる」「これまでは我慢していたものも自然に食べられるようになった」とうれしい声が届いている。
インプラント治療と比較すると費用は3分の1程度で抑えることが可能で、外科的処置も不要なため、今後ますます希望する人が増えていきそうだ。
ys03

不安気に来院する患者さんを
「笑顔にするクリニック」

前掲した喜びの声のように、同クリニックを訪れる患者さんを笑顔にするのが米田院長の目標。
「そもそも、歯科医院が大好きで行きたくてたまらない、という人はいませんから」とおだやかな表情で笑う米田院長。初回の来院時に、不安気な様子で訪れる患者さんをカウンセリングルームに案内し、お話を聞くだけで終えるケースもあるという。
「皆さんを笑顔にするクリニックでありたい、と思っています」と、米田院長自身も笑顔で語ってくれた。
ys04
 

旭川市花咲町6丁目きりんビル1F

yonedashika