北彩都病院

navi_hiny

診療科目 泌尿器科 内科 外科
住所 旭川市宮下通9丁目
TEL 0166-26-6411
診療時間 平日/午前9:00〜12:30、午後1:30〜5:00
(外科診療/月曜日・木曜日)
休診 土曜日、日曜日、祝日
HP http://www.kitasaitohospital.or.jp/

 

〈記事提供〉
石田 裕則 理事長・院長
略歴
1980年3月、北海道立旭川東高等学校卒業
1986年3月、北里大学医学部卒業
1986年6月、北里大学泌尿器科
1993年4月、米国(ロサンゼルス)シティ・オブ・ホープ・ナショナルメディカルセンター留学
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医・指導医
日本医師会産業医
医学博士
インフェクションコントロールドクター

患者さんと共に

当院の歩み

当院は、昭和42年の開設以来、泌尿器科・透析の専門病院として、地域医療の一端を担って参りました。現在では、腎臓内科の体制を充実させるとともに、整形外科、消化器外科、肛門外科へと領域を広げ診療を展開しております。2017年5月には開院50周年を迎え、これまで支えてくださった地域の皆様に感謝するとともに、これからも、当院の理念であります「最良の医療の提供」を通して社会に貢献し、地域の皆様と共に歩み続けていく所存です。

 

【泌尿器科】

泌尿器科では、種々の泌尿器科疾患に対応しております。特に腎・尿路結石治療では多数の症例があり、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)、内視鏡手術、ステント手術等による治療が可能です。また、腎癌や、副腎腫瘍に対しては、痛みの少ない腹腔鏡での治療も取り入れています。

ホルミウムレーザー前立腺核出術(HoLEP)について

前立腺肥大症の治療の一つとして、ホルミウムレーザーによる前立腺核出術を取り入れています。この手術は出血が少なく、尿道留置カテーテル抜去は翌日に可能で、患者さんの身体的負担を軽減することにもなります。
左記の泌尿器科疾患の他、背中、脇腹、股の付け根や下腹部の痛み、陰のう・睾丸(こうがん)が腫れるなどの症状があるときには、泌尿器系の疾患が原因であることも多いので、そのような症状が出た場合はお気軽にご相談ください。
●腎・尿路結石
●前立腺肥大症
●前立腺癌・膀胱癌
●尿管癌・腎癌
●副腎腫瘍
●尿路感染症
●排尿障害
●尿失禁
●神経因性膀胱
●勃起障害(ED)
●性病・性感染症
●男性不妊・不妊手術

【内科】

内科では現在5名の常勤医が在籍し、旭川医大糖尿病内科出張医による糖尿病内科も毎週月・木曜日、金曜日午前に開設しております。

慢性腎臓病(CKD)について

当院内科の特色として、慢性腎臓病(CKD)の診療を中心に行っており、血尿、蛋白尿に対する早期診断を行い、腎不全への移行を予防し、いかに透析療法の導入を遅らせるかに力を注いでおります。また、透析療法を必要とする場合でも、北海道で最も歴史ある透析病院のひとつとして在宅での透析療法を含め、患者さんに応じた適切な治療法を選択していただく事が可能となっております。
一般内科においても、かぜ、生活習慣病(高血圧、糖尿病、高脂血症など)に対して、充実した体制で診療を展開しております。さらに、一般健康診断、特定健診など各種健診も行っております。
また、80列マルチスライスCTやMRIを用いた画像診断による腫瘍病変の早期発見や、骨密度測定による骨粗鬆症の診断、血圧脈波計による動脈硬化の検出をわずか10分程で診断することができ、また頸動脈の超音波検査も可能です。
現在の立地条件を活かし、周辺地域への貢献のみならず他医療機関からの患者さんの受入れや、内科1、2次診療の充実を図り、腎臓病のみならず一般内科、健診業務にも力を入れて、幅広い内科診療を展開しております。

血液浄化療法センター

当センターでは血液透析、血漿交換療法の他、種々の血液浄化療法を実施しており、永年培われた経験と充実したスタッフ体制で、常に新しい技術と透析機器の導入を図っております。透析導入や維持透析の治療の他、合併症への対応も含めた総合的な血液浄化医療を実践しております。
またセンターには、食堂・談話室を広く設け、更衣室、相談室、全館空調設備を完備しております。そして、ゆったりとした中に間接照明や個室感のあるつくり、個人用テレビなどを設置し、より快適な透析ライフを過ごして頂く様に環境を整えております。透析スケジュールも患者さんの都合に合わせることも可能ですので、夜間透析・在宅透析などお気軽にご相談ください。
一方、持続携帯式腹膜透析(CAPD)治療も積極的に取り入れ、家庭や職場・施設などでの操作・治療を行うことで「時間的ニーズ」と「生活環境」にあわせた治療として選択することが可能です。

 

【透析外科】

血液透析実施にあたって必要となるバスキュラーアクセスの作成および維持、管理を行っています。また、アクセス不全に対しては、人工血管を用いた再建、また、カテーテル(PTA)治療による再建も行っております。

 

【血管外科】

腹部、下肢領域の動脈、静脈性疾患に対しての治療を行っております。対象疾患は、閉塞性動脈硬化症(ASO)、静脈瘤などです。下肢ASOに対しては、内服治療や運動物理学療法といった保存的な治療から、症例によっては血管内治療(カテーテル治療)やバイパス手術といった血行再建治療を行っております。静脈瘤に対しては短期入院での手術治療を行っております。

下肢静脈瘤血管内レーザー治療について

2016年12月よりELVeSレーザー1470を用いた下肢静脈瘤血管内レーザー治療(保険適用)を導入致しました。下肢静脈瘤とは、足の静脈の弁が壊れてしまう血管の病気です。足の血管がボコボコと浮き出ている、足がむくむ、足の色が変色している、皮膚炎をおこしているなどの症状でお悩みの方はご相談ください。

 

【消化器外科・肛門外科】

7年1月より、消化器外科と肛門外科を開設いたしました。大腸・肛門疾患(がん、直腸脱、便秘、いぼ痔など)、ヘルニア(脱腸)を中心とした診療を行い、4月からは上部消化管内視鏡検査、大腸内視鏡検査を開始いたします。特に肛門外科では、最新のデジタル肛門鏡も完備しており、患者さんも画像を見ながら、いぼ痔、切れ痔、あな痔などの治療に対応しております。また、担当医はがん治療認定医を有しており、転移性大腸がんの全身化学療法(抗がん剤治療)も可能です。

 

【整形外科】

毎週水曜日の午後に、当法人関連施設である豊岡内科整形外科クリニックの担当医師等による診療を行っております。より専門的な治療が必要な場合は、豊岡内科整形外科クリニックと連携し、通院および入院治療が可能となっております。

旭川市宮下通9丁目北彩都病院

kitasaito

kitasaito