おおしま内科

navi_naika

診療科目 内科・糖尿病内科・消化器内科
住所 旭川市4条西7丁目1番4号
TEL 0166-24-3888
診療時間 平日/8:30〜12:00・13:30〜17:30土曜/8:30〜12:00
休診 日・祝日
大島 英二 院長
略歴
1957年札幌市出身。1981年旭川医大卒業。旭川医大で主に糖尿病の研究と臨床に従事し、旭川赤十字病院を経て、1993年10月より現職。
医学博士、糖尿病専門医、内科専門医、消化器病専門医、認定産業医、将棋4段。

痛くないインスリンが正夢に

尿病は、インスリンというホルモンが少なくなっているか、働きが弱くなっているせいで、血糖が高くなる病気です。従って、少ないインスリンを有効に使うために、食事療法と運動療法が一番大切です。残念ながらインスリンが少なくなりすぎている場合や血糖が高すぎる場合には、インスリンを外から補給しなければなりません。インスリンは、ペプチドホルモンなので、胃で壊され腸で吸収されにくいため、皮下注射や血管注射でなければ効きません。しかし、最近の技術革新により、特殊なたんぱく質でコーティングすることによって胃で消化されにくく腸で吸収されやすくなったインスリン製剤が、製品化される予定のようです。

まだ、吸収率・安定性という課題はありますが、痛くないインスリンという糖尿病患者さんの夢が、正夢になるようです。
夢が実現するまでに失明などの合併症が出てしまわないように、お薬と共に生活習慣の改善を心がけましょう。

 

 

旭川市4条西7丁目1番4号

k_ooshima