大田内科消化器科クリニック

navi_naika

 

診療科目 内科全般・消化器内科・肝臓疾患
住所 旭川市東旭川南1条1丁目2-7
TEL 0166-36-8338
診療時間 月・火・木・金 8:30~12:30 14:00~18:00
水・土 8:30~12:30
休診 日・祝日
HP http://oota-cl.com
大田 人可 院長
略歴
1982年旭川医大卒。茅ヶ崎徳洲会病院、富良野協会病院、旭川医大第3内科を経て1994年旭川厚生病院。
2002年開業。
医学博士。認定内科医。消化器病専門医。消化器内視鏡認定専門医。

肝臓病の最近の話題

《進歩したC型肝炎の治療》

肝臓の病気は治りにくい、と思っている方が多いと思いますが、C型肝炎は治療法が著しく進歩しています。C型肝炎ウイルスが発見されたのは1989年で、その後インターフェロンの注射による治療が始まりましたが、92年当時ウイルスを完全に排除できたのはわずか2~5%程度でした。それ以降いろいろな治療法が登場し、2014年にはついにインターフェロンを使わずに飲み薬(ウイルスを直接攻撃する薬)だけによる治療が始まりました。現在6種類の薬が使われており、治療期間は8~12週間で、95~100%近い効果があります。インターフェロンが効かなかった方や高齢、持病で使えない方でも治療ができます。

治療法を選ぶ際に、ウイルスの遺伝子検査など当院ではできない検査や、医療費助成の申請手続きなどがあり、専門病院である旭川医大病院や厚生病院、赤十字病院などにご紹介しています。

《放っておけない脂肪肝「非アルコール性脂肪性肝炎」》

脂肪肝は、肝臓に脂肪がたまる病気で、主にアルコールや肥満によって起こりますが、最近、アルコールを飲んでいないのにアルコール性脂肪肝と似た状態になる「非アルコール性脂肪性肝炎」が注目されています。今までは、脂肪肝は放っておいても大丈夫と言われていましたが、この「非アルコール性脂肪性肝炎」は進行して肝硬変になり、肝癌を発症することもあります。生活習慣病としても注目され、糖尿病、高脂血症を伴う方もいます。適切な治療が必要です。

肝臓の病気はよくわからないし難しい、と言われることが多いですが、肝臓に関してわからないことがあれば、どうぞお気軽にご相談下さい。

 

 

旭川市東旭川南1条1丁目2-7

k_oota