唐沢病院

navi_geka

診療科目 内視鏡内科・内視鏡外科・胃腸外科・内科・外科・肛門外科
住所 旭川市4条通9丁目左8
TEL 0166-23-3165検査予約電話 (0166)22−1158(24時間受付)
診療時間 平日/8時〜16時土曜日/8時〜11時
休診 日曜・祝日

記事提供

神谷 和則 副院長
略歴
1986年旭川医科大学卒業。医学博士。
日本外科学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医、日本消化器病学会専門医。日本内視鏡外科学会技術認定医。

脱腸について

脱腸 (だっちょう)

下腹の足の付け根の筋肉の隙間から腸が皮フの下に飛び出る病気です。もともと、下腹には筋肉の隙間があり、年をとると筋肉が弱くなるため、ここから腸が飛び出ます。

中年以上の男性に多く見られます。我々にとってはよく見る病気です。症状としては「なにか、ポコッとでた」と言って病院にかかる患者さんが多いようです。正式な名前は「そけいヘルニア」と言います。

昔は、バンドで押さえたりする方法もありましたが、自然には治らず、また腸が出すぎると戻らなくなり腸が腐ってしまうこともあるため、現在ではすぐに手術をすることになっています。

手術法(成人の場合)

現在は、筋肉の隙間に、体に馴染む繊維でできたしっかりしたシートを入れ、隙間をふさぐ方法が一般的です。局所麻酔で、下腹に4センチほどの傷で行う方法を行います。日帰りで行なっている施設もありますが、1~2泊の入院で行うのが安心で一般的です。この方法で、再発率は約1%であり、ほとんどのかたは、これで充分です。
再発した脱腸、または左右両方が出ている場合、当院では細いテレビカメラを腹の中に入れ、中から筋肉の隙間を埋める腹腔鏡下手術を行なっています。



navi_ityou

 

診療科目 内視鏡内科・内視鏡外科・胃腸外科・内科・外科・肛門外科
住所 旭川市4条通9丁目左8
TEL 0166-23-3165検査予約電話 (0166)22−1158(24時間受付)
診療時間 平日/8時〜16時土曜日/8時〜11時
休診 日曜・祝日
〈記事提供〉

唐澤 学洋 院長

略歴
1986年札幌医大卒業。医学博士。
日本外科学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本内視鏡外科学会技術認定医。
神谷 和則 副院長
略歴
1986年旭川医科大学卒業。医学博士。
日本外科学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医、日本消化器病学会専門医。日本内視鏡外科学会技術認定医。

胃がん・大腸がん
〜早期発見すればなおります〜

胃がん、大腸がんは、日本人が最も多くかかるがんです。しかし、カメラ検査をすれば、早期発見できることができ、もっとも「なおるがん」でもあります。
唐沢病院は、胃カメラ、大腸カメラを旭川市内で最も多く手がけ、胃がん、大腸癌で苦しむ方を一人でも少なくすることを目標としています。そのため、なるべく気軽に検査を受けていだけるよう、「検査を楽にできること」を第一に考えております。

胃カメラ

以前、よく話題になった、「鼻からのカメラ」は、視野が狭く、解像度が低いため、当院で使っている口からのハイビジョンカメラと同じ精度、時間では、検査できません。また、ひどい鼻血が出るかたも少なくありません。したがって、どうせ胃カメラをするなら、「口からのカメラ」をおすすめします。
苦痛度の個人差が大きな検査です。当院では、その方に応じて、鎮静剤を使い分けています。場合によっては、寝て、意識のない状態で、検査をするかたもいます。

検診のバリウム検査はしないほうが良い

長年、胃がんの治療に貢献してきた検診の胃バリウム検査ですが、有害なX線を浴びること、バリウムが窒息や、腸閉塞の原因となることもあり、できれば、検診としてのバリウム検査は、避けたほうが良いと思われます。その代わり、胃カメラをするべきですが、どうしてもイヤであれば、胃がんのリスクを診断する血液検査(ABC検診)のほうがバリウム検査より優れているという報告もあります。

ピロリ菌

以前、「胃がんは、日本人の国民病である」などと言われていましたが、胃がんの発生に、ピロリ菌が大きく関わっていることが分かりました。ピロリ菌は、日本人の7割のひとの胃の中にいるとも言われ、胃炎のあるかたは、必ずピロリ菌の検査をして、治療をすることになっています。

大腸カメラ・・・医者が上手なら痛くない

以前は、「大腸カメラをしたら、痛くて大変だった」とよく聞きましたが、最近では、かなり、そのようなことは少なくなってきました。手術後の癒着などがなければ、まず、痛みを感じることはない時代だと思います。
「検査は楽なのだけれど、下剤を飲むのが大変」というのも、よく聞かれます。下剤は、色々な種類があり、最近では、下剤を150㏄のみ、その後は、普通の飲み物を飲むというものもあります。

大腸ポリープ・・・入院は必要ない

大腸のポリープは、がんの芽であることがあり、当院では、そのようなポリープは、検査中に切除し、そのまま帰宅していただいております。

カメラで、がんを削り取る(粘膜切除、粘膜下層剥離術)

ごく早期で、がんが見つかった場合、手術ではなく、カメラを使い、ガンを含む粘膜を削ぎ取って治療することができます。

手術・・・腹腔鏡手術は良いのか?

早期の段階を過ぎて進行してしまったがんは、手術が必要です。お腹の手術では、いろいろな意味で、腹腔鏡手術が最近よく話題になっています。胃の手術は、全体の4割ほどが腹腔鏡で行われておりますが、施設によって内容がかなり異なっていることがあり、治療ガイドラインでは、未だに「臨床研究」の段階という位置づけです。大腸の手術は、左上と肛門に近い所以外は、明らかに腹腔鏡のほうが、正確な手術ができ、標準手術といえる時代です。
「腹腔鏡で、手術をしましょう」と言われたとき、その施設でどのくらいの数をやっていて、成績はどうなのかを教えてもらうと良いと思います。 また、「内視鏡外科学会技術認定医」という資格を持った医師がいるかどうかをインターネットで調べられますので、これも参考になります。

karasaha_table

旭川市4条通9丁目唐沢病院