旭川泌尿器科クリニック

navi_hiny

診療科目 泌尿器科
住所 旭川市末広1条4丁目
TEL 0166-53-7007
診療時間 月〜金/9:00〜12:00(受付は11:45まで)、14:00〜17:00(受付は16:45まで)
土曜日/9:00〜12:30(受付は12:00まで)
休診 日・祝日
山口 康宏 理事長
〈医学博士〉〈泌尿器科専門医〉
佐野 正人 院長
〈泌尿器科専門医〉
吉岡 琢 院長
〈医学博士〉〈泌尿器科専門医〉

泌尿器科専門医による最新治療を提供
丁寧な説明で納得できる治療を実現

信頼できる複数の泌尿器科専門医が常時いることで待ち時間の短縮はもちろん、丁寧な説明と、きめ細やかで納得できる治療を実現しました。当院ではアメニティ アンド ホスピタリティ(快適さともてなしの心)を基本理念とした、泌尿器科の専門クリニックです。高齢化社会を迎えるにあたり、増加する前立腺肥大症や尿失禁患者への対応、急増する前立腺がんの早期発見、早期治療、さらに時代のニーズに合った、身体に負担の少ない治療などが強く望まれております。また、性機能障害(ED)や男性更年期の問題のように、クオリテイ オブ ライフ(生活の質)の向上が望まれております。これら医学的、社会的要望に対し、最新の医療をもって応えていきたいと考えてります。

特に力を入れているのが前立腺肥大症の治療です。最近では効果の高い薬剤が複数開発されており、手術をしないという選択肢もあります。様々な治療法を提示して、納得のいく治療法を選択していただくよう心がけています。また前立腺がんに対しては早期発見のため、がん検診及び前立腺針生検など積極的に取り組んでいます。

高速マルチヘリカルで精密検査を受けられます

当クリニックでは、最新のCTスキャナを新しく導入いたしました。この装置は、瞬時に細かくいくつかの断面(スライス)が同時に撮影できるマルチスライス技術を搭載しています。その結果、撮影時間の大幅な短縮が可能になり、従来のCT装置に比べ放射線被曝量が少なくなり、更に画面がより鮮明になるため、その結果としてがんの早期発見に大きな力を発揮するといわれています。

当院では「痛くない」検査を心がけています

開院当初から、侵襲の少ない身体にやさしい検査法を心がけています。世界最小径の腎盂尿管内視鏡や電子スコープ方式の軟らかい軟性膀胱鏡をいち早く導入し、高度で専門的な診断を「痛くない」検査でおこなっております。

前立腺肥大症の治療法【手術をしない】

前立腺肥大症は主に50代以降の男性に発症する病気で、尿が出ずらい、尿がためられない(特に夜間頻尿)、尿が出きらないなどの症状を訴えるようになります。肥大した前立腺が尿道を圧迫することでこのような症状が出現するので、かなり大きくなってしまえば、手術で取り除くのが普通です。しかし最近は手術に消極的な人が圧倒的に増えております。がん(悪性疾患)ではないので、症状さえ改善すれば手術などリスクのあることはしたくないと考えるのは、むしろもっともな考えかもしれません。一方、最近薬剤の進歩がめざましく、このような手術をしたくないというニーズに的確に対応できる時代になっております。尿道の抵抗を和らげ尿流を改善したい、前立腺そのものを小さくしたい、過活動な膀胱に働きかけて頻尿を治したい。このようなニーズにうまく応えることができる新しい薬剤が最近どんどん開発されています。これら薬剤をうまく組み合わせて併用すると、絶大な効果が得られる場合があります。それは泌尿器科専門医の腕の見せ所でもあります。

急増する前立腺がん

【早期発見が大切】

天皇陛下が罹られたこの病気は日本中で一躍有名になりました。罹患頻度はますます増加傾向で、近い将来には前立腺がんによる死亡が男性死因のトップになるとされています。前立腺がんの症状は、初期のうちはほとんど無症状ですが、進行すると前立腺肥大症と同様の症状が出現します。診断方法はいたって簡単です。特に血液検査で『PSA』を測定することが重要です。異常値ならば前立腺がんを疑うことになります。

この場合前立腺針生検という検査で確定診断をしなければなりません。検査は5~10分で終了します。当院では一泊二日の入院で行っております。一週間後には判定がでます。前立腺がんは治せる病気です。初期のうちであれば手術または放射線治療によって根治することが可能です。万が一に進展した場合でも早期に治療(おもにホルモン療法)を行えば、がん病変をかなり抑えることが出来ます。

男性の更年期障害

【診断可能です、治療可能です】

男にも更年期があるのです。50代以降の男性に多く見られます。疲れやすい、のぼせ、ほてり、動悸、頭痛、多汗、意欲低下、うつ的傾向などの女性の更年期にも見られる症状とそれに加え、男性性機能障害(ED)が合わさることも多いようです。原因は、加齢による精神、身体機能の衰え(男性ホルモンが低下していることが多い)と同時に生活や仕事の上での強いストレスが加わってこのような症状が起きるとされています。加齢と共に男性ホルモン分泌が低下するという意味でLOH(lateonsethypogonadism)症候群とも言われます。

最近では活性男性ホルモンの測定も簡単に出来るようになり、診断が容易になっております。治療もホルモン補充療法(ART)など有効な方法があります。この治療法(ART)は更年期様症状を改善させるだけでなく、さらに最近の研究では、心筋梗塞発症予防、メタボ改善効果、さらにはインスリン感受性を亢進することで糖尿病の発症予防効果もあると報告されております。

 

旭川市末広1条4丁目旭川泌尿器科クリニック

asa_hinyou

a_hinyou01

a_hinyou02