カムイの森皮フ科クリニック

皮膚科

 

診療科目 皮膚科
住所 旭川市神居3条4丁目1-3
TEL 0166-61-3912
診療時間 月・火・水・金曜日
午前9:00〜午後12:30 午後2:00〜午後 6:00
木・土曜日
午前9:00〜午後12:30
休診 日・祝日
HP http://www.kamuinomori.jp/
和田 隆 院長
略歴
1991年旭川医大卒業、旭川医大皮膚科入局、同関連病院歴任、国立がんセンターレジデント、旭川医大皮膚科助手、病棟医長、医局長、名寄市立総合病院医長を経て2008年開業。
佐藤 惠美 副院長
略歴
1994年旭川医大卒業、旭川医大皮膚科入局。市立稚内病院、旭川厚生病院、市立士別総合病院勤務後、2002年に旭川医大皮膚科助手となり、その後、病棟医長、医局長をつとめる。2008年開業。

皮膚病いろいろ、診療いろいろ

はじめに

当院は2008年に開院し、日々新しい情報を取り入れながら、様々な皮膚疾患を診療しています。

皮膚病いろいろ、診療いろいろ

二千種以上もあるといわれる皮膚病は、原因が明らかで簡単に治る病気から原因不明で慢性に経過するものまで様々。かゆみ、痛み、外観の異常など皮膚のトラブルは精神的苦痛を伴います。小さなニキビも当人にとっては気になるものです。
我々の診療はまず一人ひとりの悩みに耳を傾け、発疹を丁寧に診ることから始まります。皮膚科専門医として発疹を診て正確な診断を行い、治療法を選択します。当院で特に力を入れているのは乾癬、白斑、アトピー性皮膚炎といった慢性疾患で、前二者にはナローバンドUVBという紫外線治療が奏功します。特殊な波長の紫外線で皮膚の炎症をもたらすTリンパ球を抑制するため、アトピーのような難治性湿疹、円形脱毛症のような免疫疾患にも有効な場合があります。当院では全身照射装置を導入しています。

しかし、紫外線治療も万能ではなく、ステロイド外用剤、内服薬などの併用が必要です。慢性疾患は治療意欲を維持するのが難しいものですが、患者さんが薬物療法の重要性を理解した上で、主体的に治療に参加し根気よく継続する必要があります。そのために医師は一方的に治療を押し付けるだけでなく、疾患の特徴、薬の副作用と有益性、治療方針を納得していただけるよう丁寧に説明し、患者さんのライフスタイルにあった治療を提案してゆかなくてはなりません。我々の説明や治療は自己満足で、終わっていないか日々反省しています。不明な点があればご説明しますので、どうぞ気軽に質問してください。

皮膚病治療のトピックス

近年の日常的な皮膚病治療に関するトピックスや当院の取り組みをお伝えしたいと思います。

アトピー性皮膚炎(AD)

近年フィラグリン遺伝子変異とADの関連が報告されてから、皮膚バリア異常(乾燥肌)のケアがますます重要視されています。乾燥肌や湿疹は放置するとダニや食物等の経皮感作が誘導され、アレルギー炎症を引き起こします。
発疹がひどくなってから治療するよりも早めの治療が肝心です。また、一見よくなっても水面下で炎症が続くため、外用剤は塗り続ける必要があります。
毎日保湿するのはもちろんですが、プロアクティティブ療法といって、弱めのステロイドやプロトピックという免疫抑制剤をひどくなる前に外用するうちに、寛解期間が長くなり、結果的には肌のダメージも減らせるという考え方が主流です。
重症例に対してはシクロスポリン内服療法も行っています。

尋常性痤瘡(にきび)

近年は角質(アカ)を薄くして毛穴の詰まりを取り除くピーリング目的の外用剤が増えて、目に見えない段階からニキビを予防しやすくなりました。
乾燥、刺激感という副作用があり、使用法を正しく理解しないと、効果を実感する前にやめてしまう方も多いため、当院では時間をかけ丁寧に説明したのち処方しています。

乾癬

外用剤・紫外線治療が基本ですが、重症の方は総合病院と連携し生物学的製剤で治療します。

フットケア

爪水虫は従来内服治療が必要でしたが、近年効果的な外用剤が発売され、副作用や併用禁忌薬の問題で内服治療ができない方も安心して治療できるようになりました。早い人は1カ月くらい使用すると爪の色や厚さが薄くなっていきますが、重症の方には内服治療をお勧めしています。
タコ・ウオノメは合わない靴や歩き方のクセ、足変形による慢性的な摩擦、圧迫が原因ですので、靴の調整や緩衝材で除圧しないと同じ場所に繰り返します。当院ではドイツ製のシリコンパッドや市内靴店と提携しインソール(中敷き)の紹介を行っています。
陥入爪は深爪による一時的な炎症がほとんどですが、爪をのばしても繰り返す方にはワイヤ治療、手術をお勧めしています。

美容、その他

しみ、毛穴のケアにレーザー、ピーリング、イオン導入といった保険外診療を行っています。
原発性腋窩多汗症に対してボトックス注射を保険診療で行っています。

おわりに

当院は「気持ちよい診療」がコンセプトです。駐車場は広く、院内は明るく開放的です。男女二診制であり、女性特有の悩みには女性医師が対応します。スタッフ全員が笑顔で暖かい心の通った対応を第一に考え、小さなお子様からご年配の方まで安心して通えるクリニックを目指しています。日々の診療から少しずつ皆様と良い信頼関係が築けるように願っています。

 

旭川市神居3条4丁目1-3カムイの森皮フ科クリニック

kamuinomori