みずうち産科婦人科

産婦人科

 

診療科目 産科・婦人科
住所 旭川市豊岡4条3丁目2-5
TEL 0166-31-6713
診療時間 月・木
AM9:00~PM6:30まで
火・金
AM9:00~PM6:00まで

通常外来は休診。
体外受精、人工授精、子宮卵管造影、各種手術などは完全予約制。

AM9:00~12:30まで
●昼休み
/12:30〜15:00
休診 日曜・祝祭日 第5土曜日は休診
HP http://www.mizuuchi.or.jp
水内 英充 院長
略歴
1976年、札幌医大卒業 1980年、同大大学院卒業医学博士
1988年、札幌医大産婦人科講師
1989年、ジョージワシントン大学(米国)留学
1994年、開業、日本産科婦人科学会専門医、日本臨床細胞学会細胞診専門医、日本東洋医学会漢方専門医、アメリカ産婦人科学会会員。

 

原因不明不妊について

アメリカの産婦人科医師が診療の際に最も参考にすると言われている「UPTODATE」という資料に書かれている原因不明不妊の項目をコメントも含め抜粋してみます・・・。
外来での基本的な不妊の検査で原因が見つからないものを原因不明不妊といいます。
不妊患者さんの75%の方の原因は、排卵障害、卵管通過性の異常、男性因子です。
残りの25%の方は子宮内膜症が8%、そのほかの要因(子宮頚部因子、免疫因子、子宮癒着など)が2%、原因不明が15%となります。

原因不明不妊の病因としては、複数の軽度の異常が重なっている場合が多いとされています。
例としては、35歳以上で卵巣予備能が若干低下している女性と精液の状態が軽度に低下している男性の組み合せなどです。これはそれぞれ単独の要因では不妊症にならない場合でもいくつかの要因が重なると不妊につながるということです。
原因不明不妊のカップルに体外受精を行った場合、原因が“卵管因子”とはっきりしている不妊カップルに比較し、受精率が低いとされています。体外受精の場合、卵管が手術ですでに摘出されて卵管がない人でも体外受精はできます。つまり、体外受精の受精率には卵管の状態は関係ありませんので、卵管に問題がある方の受精率が高く、卵管に問題がない原因不明不妊の方の受精率が低いことの差は、原因不明とされていても実は不妊原因は卵子または/および精子の機能異常であることを示していると考えられています。
治療としては、まずはライフスタイルを考えることです。タバコ、肥満、過剰なカフェイン、アルコールは妊娠率を低下させます。タバコを吸いながら妊娠した場合は流産、早産などの原因になりますので、妊娠した後にやめるよりは妊娠する前にやめた方がいいでしょう。
カフェインはコーヒー1日2杯まで、アルコールは1週間に4回(1回アルコール12g/ビール350㎖程度に相当)までにします。
医学的処置としては、人工授精があげられます。人工授精の際には人工授精単独よりも排卵誘発剤(クロミッドまたはレトロゾールの経口剤、HMG注射)を併用すると妊娠率が高まるとされています。さらに排卵誘発剤+人工授精で妊娠しなかった場合には体外受精が行われます。体外受精は費用がかかりますが、妊娠するまでの期間は短縮されます。しかし、体外受精を行えばすべての人が妊娠するということではありません。
卵子の状態は外来の検査では十分にはわかりません。体外受精を行うことにより卵子の質が良くないことが原因であることがわかることもあります。

 

旭川市豊岡4条3丁目2-5みずうち産科婦人科

mizuuchi