クリスタル橋内科クリニック

navi_shika

shibu_shika

 

診療科目 一般内科・腎臓・高血圧内科・循環器内科・人工透析内科
住所 旭川市1条通6丁目78番地1 クリスタルビル2F・3F
TEL 0166-22-9600
診療時間 【2F 一般内科・腎臓・高血圧内科・循環器内科】
月・水・金
午前/9:00~12:00 午後/14:00~18:00
火・木・土 9:00~12:00(午前中のみ)
【3F 人工透析内科】
月・水・金
午前/8:00~13:00 午後・夜間/14:00~21:30
火・木・土 8:00~13:00(午前中のみ)
休診 【2F 一般内科・腎臓・高血圧内科・循環器内科】
日曜日・祝日
【3F 人工透析内科】

日曜日
HP http://cbmc.or.jp/
<記事提供>
買手 順一 院長
略歴:
1990年札幌医科大学医学部卒業
札幌医科大学第2内科(現 循環器・腎臓・代謝内分泌内科学講座)に入局後、札幌医科大学附属病院、旭川赤十字病院、手稲渓仁会病院などで研修
1998年ニューヨーク医科大学に留学
帰国後、2003年札幌医科大学附属病院集中治療室(ICU)および第2内科助手
2006年旭川赤十字病院腎臓内科副部長
2010年医療法人社団増田クリニック副院長
2013年同院長
2015年9月クリスタル橋内科クリニック院長

 

市内中心部の高血圧専門医がいるクリニックです

『血圧の目標について』

高血圧と診断された方は全国で4300万人に達しており、今や最も多い生活習慣病です。診察時に測った血圧で上が140㎜Hg以上か下が90㎜Hg以上、家庭でリラックスして測った血圧では上135㎜Hg以上か下85㎜Hg以上が常時みられる場合は高血圧の可能性が高いと言えます。ただし診察時の1回の測定だけで診断することはできないことも多く、我々はリラックスして何度でも行える家庭血圧測定を診断や治療効果の判定において重要視しています。
2019年に日本高血圧学会のガイドラインが変更され、多くの患者さんではこれまでの治療目標140㎜Hg/90㎜Hg未満から130㎜Hg/80㎜Hg未満に目標血圧が下げられました。ただしこれはお薬をたくさん使いましょうということではなく、減塩や運動、肥満の改善などの生活習慣の改善をより強化するという意味でもあります。

『お薬は一生飲まなければならないのでしょうか』

「血圧のお薬は1回飲むとやめられないのでは?」という質問をよくいただきますが、お薬で血圧が安定してしまうと生活習慣の改善がおろそかになることから降圧薬をやめられない方も多いのではないかと思います。実際に減量や減塩、適度な運動を行い過剰なアルコールは控えること、さらに禁煙などで降圧薬を減量あるいは中止できた患者様はたくさんいらっしゃいます。ご自分の血圧が心配な方、現在の治療に満足されていない方は一度専門医に相談されてみてはいかがでしょうか。

『プラセンタ注射と各種ビタミン注射』

一部保険外診療となりますが、慢性疲労や更年期症状の軽減、アンチエイジング効果などを目的としたプラセンタ注射は年齢や性別を問わず多くの方々に注目されています。また保険外となりますが、疲れが溜まっている方はニンニク注射、美肌効果を求める方はビタミンC注射を。また時間に余裕のある方はリクライニングチェアでビタミン点滴を受けていただくこともできます。詳しくは当院HPをご覧ください。 
 

旭川市1条通6丁目78番地1 クリスタルビル

crystal