あさひかわ眼科クリニック

navi_shika

 

診療科目 眼科(緑内障の治療)(白内障の治療)(一般の眼科治療)(眼科手術)
住所 旭川市1条通6丁目 クリスタルビル5F(JR旭川駅より徒歩5分)
TEL 0166-76-1124
診療時間 月・火・木・金
午前/9:00~12:30 受付午前(8:45~12:00)
午後/14:00~18:30 受付午後(14:00~18:00)

午前/9:00~12:30 受付(8:45~12:30)
午後/休診
休診 水曜・日曜・祝日
HP http://www.asahikawa-eye-clinic.com/
<記事提供>
川井 基史 院長
略歴:
旭川東高校卒業。1997年旭川医科大学卒業。同大眼科学講座入局。
関連病院をはじめ、東京医科大学(緑内障臨床研究)、熊本大学(緑内障基礎研究)に国内留学、旭川医大眼科講師・外来医長・副科長を経て開院。日本眼科学会眼科専門医。医学博士。
<記事提供>
川井 尚子 副院長
略歴:
2007年旭川医科大学卒業。同大眼科学講座入局。旭川医大弱視斜視外来担当。
日本眼科学会眼科専門医。医学博士。

 

道内トップクラスの緑内障治療実績
最新鋭機器を用いた白内障治療

 当院は、一般眼科診療に加え、緑内障と白内障の治療に力を入れています。院長は旭川医大病院で緑内障専門外来を担当していました。大学病院からそのまま引き継いだ患者さんと、新たな患者さんを含め、一日30〜50人の緑内障患者さんを診察しています。同じ疾患を持つ患者さんを集めて診療する外来を専門外来といいます。同じ疾患を数多く診察することで、医師の経験値は上がり、検査をパターン化することで診療の流れが早くなります。
 当院の最大の特徴は、緑内障手術を実施することです。昨年の緑内障手術数は道内5位で大学病院や総合病院を除くクリニック部門では道内2位(北海道の病院2021、北海道新聞社)でした。当院で行う緑内障手術は白内障手術との同時手術がメインです。手術時間は通常、「白内障手術+5分程度」で終了します。麻酔は点眼で実施し、痛みを感じることはほとんどありません。
 眼内には房水と呼ばれる液体が循環していますが、その排水溝に相当する網状の組織に小さなステントを挿入したり(アイステント手術)、その部位を金属製の細いフックで切開して目詰まりを解消し、房水の流れを良くすることで眼圧を下げます。これらの手術は近年広まりつつあり、専門用語ではMIGS(ミグス)といいます。アイステント手術は、2017年に院長が道内で初めて実施し開業後もさらに経験を積んでいます。当院の緑内障手術の約6割はこのアイステント手術です。
 当院の緑内障診療では院長が自ら眼圧を測定します。アプラネーションと呼ばれるこの眼圧測定法は世界基準であり、緑内障管理に欠かせない手技です。また視野検査も年齢や視野障害パターンに応じたプログラムを選択します。
 当院では緑内障レーザー治療も積極的に行っています。治療効果は良好で、約7割の患者さんで眼圧が2㎜Hg以上下降しています。緑内障の点眼本数を増やすことなく治療を強化できます。緑内障が長期間安定している場合、点眼を中止できる患者さんもいます。当院では院長の経験と知識、技術から各々の患者さんに最適な治療法を提供します。これを、オーダーメイド緑内障治療といいます。

眼内を循環する房水の排水溝に挿入

眼内を循環する房水の排水溝に挿入


長さ1mmの小さなアイステント

長さ1mmの小さなアイステント


 当院では最新鋭白内障手術機器をいち早く導入しました。道北地区初となるこのシステムは、「ORAシステム」といい、全国的にはすでに90施設ほどで導入されており、特に多焦点眼内レンズ(老眼矯正)手術や乱視矯正手術の精度を上げるのに役立ちます。従来の白内障手術では、手術前に準備した眼内レンズをそのまま挿入しましたが、最新鋭機器を有する当院では、手術前のみならず、手術中にも目の状態を測定し、米国の150万以上のデータベースとその場で通信し(約3秒間)、最適な眼内レンズを瞬時に選び出します。さらに、手術中に乱視の矯正具合も確認することができます。その結果、術後問題となる眼内レンズの度数ずれを最小限にできます。当院は手術日を週三日設けており、手術申し込みから1ヶ月程度で実施できるようにしています。そのため、運転免許証更新が近い患者さんに好評です。
また当院は交通の便が良いため、遠方からも多く来院されています。検査や手術で宿泊が必要な患者さんには、隣接するホテルを特別プランで紹介しています。副院長の存在も大きく、午前は基本医師二名体制なので、待ち時間が短くスムーズに受付から会計まで流れます。
当院の理念として、患者さんの安全を第一に考えて無理はしません。専門外や緊急疾患は、旭川医大や旭川赤十字病院の信頼できる専門医と連携して治療を行うので、緑内障や白内障以外の患者さんも安心して受診してください。新型コロナ対策では、基本予約制で3密を回避するよう調整します。スタッフはマスクの上にフェイスガードを着用しています。本年度よりキャッシュレス決済を導入します。
緑内障・白内障手術のほか、翼状片など眼表面手術も実施

緑内障・白内障手術のほか、翼状片など眼表面手術も実施

あさひかわ眼科クリニック(旭川)

asahikawaganka