森山病院

診療科目 内科・循環器内科・消化器内科・外科・乳腺外科・血管外科・整形外科・脳神経外科・形成外科・泌尿器科・眼科・耳鼻咽喉科・麻酔科・放射線科・リハビリテーション科
住所 旭川市8条通6丁目左10号
TEL 0166-22-4151
診療時間
月~金 9:00~12:30/13:30~17:30(受付時間:午前は12:00、午後は17:00まで)
土曜日 9:00~12:30
休診 日曜日・祝・ 第1・第3土曜日
HP http://www.moriyama.or.jp/

navi_sogou.gif

〈記事提供〉

森山 領 理事長

略歴
杏林大学医学部卒業。旭川医大整形外科、札幌医大麻酔科、旭川日赤病院勤務後、1985年から医療法人社団元生会理事長。社会福祉法人敬生会理事長。北海道病院協会理事。北海道病院厚生年金基金、全日本病院協会、日本医療法人協会各代議員。旭川日英協会会長。

森山病院2020年11月新築移転予定

旭川市のシンボルゾーンとして開発が進む旭川駅隣接の北彩都地区エリアに、健康をテーマにした生活文化拠点施設「旭川ウェルネスセンター」の中核施設となる新病院が19年3月1日に着工しました。
 旭川市のシンボルゾーンとして開発が進む旭川駅隣接の北彩都地区エリアに、健康をテーマにした生活文化拠点施設「旭川ウェルネスセンター」の中核施設となる新病院が19年3月1日に着工しました。
 新病院施設は地下1階、地上8階、延べ床面積で1万6525㎡の規模を有する。1・2階は外来病棟でガラス張りのアトリウムとなります。さらに2階に予防医学センターを設置し、3階には手術室や医局・管理棟、4階以上が病室。最上階の8階には百数十人収容の講堂が設けられる。この講堂はさまざまな医学学会の会議や講演会などでも利用でき、全面ガラス張りのため展望が良い空間となります。
 インテリアデザインは「ホスピタリティの感じられる、居心地の良い、落ち着いた空間」をコンセプトに、患者様の早期回復を促す癒しの空間と、快適に働ける職場環境づくりの両立を目指しインテリア、サイン、家具、什器までをトータルにコーディネートしました。特にポイントは3つ、「色をおさえる」壁・天井オフホワイトとブラウンを基本とし、ポイントで木目調の材料を選定することで、どこに居ても木質の温かみを感じられ、利用者様に親しまれるインテリアデザインとします。「材料をそろえる」壁紙や床のビニルシートの模様・柄は揃え、統一感を演出、木目調、織物調を全体的に用いることで無機質にならない、風合いのあるインテリアを実現します。「機能性の高い材料の選択」メンテナンス性に配慮した材料選定を行うことで細かな部分まで清潔を保ち患者様に安全・安心してご利用頂ける空間となります。
 自然環境が整備された北彩都地区エリアと連動し、隣接地には将来的にスポーツ施設や健康メニューを提案する健康レストランなどの複合施設を建設する計画で進めています。それらの施設と病院がコラボレーションすることで、患者様や健康診断などで訪れる本当の意味での予防や健康のアドバイスのできる施設を目指します。こうした病院施設とスポーツクラブ、健康提案型のレストランが連携する予防医療機関は全国的に見ても例がなく、健康な人は健康の維持を、何らかの病を持っている人はより効率の良い早期回復を可能にするという、全国に先駆けた予防医療「健康のまち旭川」の拠点として発信していきたいと思います。

navi_sogo

〈記事提供〉

森泉 茂宏 副院長

略歴
旭川医科大学医学部医学科卒業、
日本リハビリテーション医学会専門医、理学療法士
旭川医科大学医学部臨床指導准教授
札幌医科大学医学部非常勤講師

回復期リハビリテーション病棟

 リハビリテーションは、一般に急性期リハビリテーション、回復期リハビリテーション、維持期(生活期)リハビリテーションに分けられます。回復期リハビリテーションは、急性期リハビリテーションで得た機能や能力を更に高める目的で行われます。つまり、障害の内容や程度に即して、実際に対象となる人の日常生活を想定しながら多岐にわたる集中的なリハビリテーションで、2週から3ヶ月間の期間、長くても約半年間で行われます。そこでは、機能障害の回復をはかるとともに、基本動作能力、歩行能力、身の回りのことや家事動作、その他趣味活動、仕事などについての可能性・目標を見極めながら進められます。こうしたリハビリテーションを行うのが回復期リハビリテーション病棟です。ここでは、リハビリテーション科医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・医療相談員・栄養士・薬剤師などが専従で病棟に配置されており、チーム医療を基本に「日常生活動作の向上」「寝たきりの予防」「家庭復帰」など目的に行われます。つまり、単なる機能訓練だけではなく食事や排泄、歩行などの日常生活動作訓練も積極的に行われるため、この病棟は日常生活の向上・自立を図る場として位置づけられています。ただし、回復期リハビリテーション病棟へ入院する対象者は、厚生労働省が疾患などの条件や入院期間を定めており、疾患の発症から最長で2ヵ月以内の患者さんが対象となり、対象疾患ごとに決められた期間(1~2ヵ月以内)にリハビリテーション病棟への転院や転入が必要です。また、入院期間も疾患ごとに期限が決められており、例えば脳血管疾患や脊髄損傷などは発症から2ヵ月以内の転院が必要で、最大入院期間は180日となっており、また大腿骨や骨盤などの損傷であれば、転院は発症から1ヵ月以内で最大90日の入院期間が定められています。回復期リハビリテーション病棟に入院を希望される場合は、主治医や医療相談員に相談して下さい。

旭川市8条通6丁目左10号

moriyama01

moriyama02