森山病院

診療科目 ●内科●呼吸器内科●循環器内科●消化器内科●脳神経内科●外科
●乳腺外科●血管外科●整形外科●脳神経外科●形成外科●泌尿器科
●眼科●耳鼻咽喉科●麻酔科(山岸昭夫)●リハビリテーション科
●放射線科●人間ドック●脳ドック●マンモグラフィ検診、各種健診
住所 旭川市宮前2条1丁目1番6号
TEL 0166-45-2020
診療時間
月~金 9:00~12:00/13:30~17:00
土曜日 9:00~12:00
休診 日曜日・祝・ 第1・第3土曜日
HP http://www.moriyama.or.jp/

navi_sogou.gif

〈記事提供〉

森山 領 理事長

略歴
杏林大学医学部卒業。旭川医大整形外科、札幌医大麻酔科、旭川日赤病院勤務後、1985年から医療法人社団元生会理事長。社会福祉法人敬生会理事長。北海道病院協会理事。北海道病院厚生年金基金、全日本病院協会、日本医療法人協会各代議員。旭川日英協会会長。

森山病院
旭川駅徒歩3分
北彩都地区に移転

旭川ウェルネスセンター
中核施設

 JR旭川駅南口から徒歩3分。2020年11月に新築移転した森山病院は忠別川右岸に広がる「あさひかわ北彩都ガーデン」の鏡池を望む好立地に新築移転しました。新病院は旭川のシンボルゾーンとして開発が進む北彩都地区エリアに、健康をテーマにした生活文化拠点施設「旭川ウエルネスセンター」の中核施設であり、建物は地上8階建てで延床面積は約1万6400㎡と旧病院の1.8倍になりました。1階・2階は外来病棟でガラス張りのアトリウムは燦燦と日が差し込み、窓の外には北彩都ガーデンや大雪山系の山々が広がり、病院というよりリゾート施設に来たかの様な解放感を体験できます。2階には予防医学センターとリハビリテーションセンター、3階は3つの手術室のほか医局などの管理エリアとなっています。4階〜7階までが入院病棟で病室やデイルームからは広大な景色を眺めることができます。、最上階の8階には職員専用のフロアと百数十人収容の「MORIYAMAホール」を設け、市民向け講演会や医学セミナーなどのイベントに活用します。
 1階には2016年に旭川市に誕生したプロバレーボールチーム「VOREAS」の常設グッズ売場も開設し、チームのオリジナルTシャツやソックスなどのほか血糖値の上昇が穏やかな低GI(糖化指数)値のアカシア蜂蜜などVOREASゆかりの健康食品も販売しています。

形成外科 常勤医が就任、脳神経外科医2名を増員

内科や外科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、麻酔科、リハビリテーション科に加え、旭川市内の民間病院としては初の形成外科を開設。乳がん治療の際などは形成外科医と連携して乳房再建術を行う体制を
整えました。昔の医療は命を救えば良しとする考え方が主流でしたが、何より大事なのは患者様のQOLです。乳がんに限らず全ての診療科で形成外科と協力した手術を心がけます。
 また脳神経外科2名を増員しており「めまい」「頭痛」「しびれ」「もの忘れ」「歩きづらい」「力がはいらない」など、いつでも相談できる「脳かかりつけ医」として機能できる体制も確立できました。

救急医療

 当院は公的4病院に続いて多い年間1500件を超える救急車の受入を行っており、2020年は民間病院として極めて稀な救急医療分野で北海道社会貢献賞も受賞していますが、新病院では救急外来専門のエリアを拡大し、迅速な対応を可能とし、大成も一段とステップアップしました。

2022年3月完成ウェルネスセンター構想

病院の隣では健康食レストラン、フィットネス、ヘルスケアコンドミニアムなどが入居する複合施設の建設も進んでおり、60年前に掲げた「総合的医療構想」を更に目指します。

navi_sogo

〈記事提供〉

森泉 茂宏 副院長

略歴
旭川医科大学医学部医学科卒業、
日本リハビリテーション医学会専門医、理学療法士
旭川医科大学医学部臨床指導准教授
札幌医科大学医学部非常勤講師

回復期リハビリ専門医が3名

回復期リハビリテーション病棟とは

リハビリテーションは、一般に急性期リハビリテーション、回復期リハビリテーション、維持期( 生活期)リハビリテーションに分けられます。回復期リハビリテーションは、急性期リハビリテーションで得た機能や能力を更に高める目的で行われます。つまり、障害の内容や程度に即して、実際に対象となる人の日常生活を想定しながら多岐にわたる集中的なリハビリテーションで、2週から3ヶ月間の期間、長くても約半年間で行われます。そこでは、機能障害の回復をはかるとともに、基本動作能力、歩行能力、身の回りのことや家事動作、その他趣味活動、仕事などについての可能性・目標を見極めながら進められます。こうしたリハビリテーションを行うのが回復期リハビリテーション病棟です。

特徴

 ここでは、リハビリテーション科医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・医療相談員・栄養士・薬剤師などが専従で病棟に配置されており、チーム医療を基本に「日常生活動作の向上」「寝たきりの予防」「家庭復
帰」など目的に行われます。つまり、単なる機能訓練だけではなく食事や排泄、歩行などの日常生活動作訓練も積極的に行われるため、この病棟は退院へ向けて日常生活の向上・自立を図る場として位置づけられています。ただし、回復期リハビリテーション病棟へ入院する対象者は、厚生労働省が疾患などの条件や入院期間を定めております。例えば脳血管疾患や脊髄損傷などは、最大入院期間は条件によって異なりますが180日となっており、大腿骨や脊椎などの骨折のような損傷であれば90 日までの入院期間が定められています。

元生会は365日対応

リハビリテーションを行う時間は1日最大9単位(1単位=20分)つまり3時間まで認められています。多くの施設では平日だけでなく年末年始を含む休日も稼働しており、毎日リハビリテーション治療を受けることも可能です。スタッフも法人全体で122名と道内有数となっています。

入院をご希望の方は是非ご連絡を

回復期リハビリテーション病棟に入院を希望される場合は、主治医や医療相談員に相談して下さい。

社会医療法人元生会 森山病院 日本 〒078-8392 北海道旭川市宮前2条1丁目1−6

moriyama01

moriyama02