北彩都病院

navi_hiny

診療科目 泌尿器科/消化器内科/糖尿病内科/消化器外科/肛門外科
内科/血管外科/整形外科/人工透析内科/腎臓内科
住所 旭川市宮下通9丁目2番1号
TEL 0166-26-6411
診療時間 月・火・水・木・金曜日
午前 9:00〜12:30(受付 8:30~12:00)
午後 13:30〜17:00(受付 13:30~16:00)
※上記の時間と異なる診療科もありますので、
お手数ですがお電話または北彩都病院ホームページよりご確認ください。
休診 土曜日、日曜日、祝日
HP http://www.kitasaitohospital.or.jp/

 

〈記事提供〉
石田 裕則 理事長・院長
略歴
1980年3月、北海道立旭川東高等学校卒業
1986年3月、北里大学医学部卒業
1986年6月、北里大学泌尿器科
1993年4月、米国(ロサンゼルス)シティ・オブ・ホープ・ナショナルメディカルセンター留学
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医・指導医
日本医師会産業医
医学博士
インフェクションコントロールドクター

 

最良の医療の提供を目指して

 

【泌尿器科】

種々の泌尿器科疾患に対応しています。
腎・尿路結石治療では体外衝撃波結石破砕術(ESWL)や内視鏡手術等による治療を行い、前立腺肥大症に対してはホルミウムレーザーによる前立腺核出術などの治療法を実施しています。背中、脇腹、股の付け根や下腹部に少しでも痛みや違和感がある場合は、泌尿器系の疾患が原因であることも多いため、一度ご相談ください。

前立腺癌の早期発見と予防について

生活習慣の変化により急増している前立腺癌の早期発見と予防に努めています。PSA血液検査が早期発見に有用であり、当院ではワンコイン(500円)で受けることが出来ます。採血後、約30分で検査結果が出ます。
また、啓蒙活動として、毎年6月・10月頃に市民講演会を開催しています。

【内科】

腎臓内科を中心に、人工透析内科、糖尿病内科、一般内科の診療と、健康診断、特定健診などの各種健診を行っています。特に、慢性腎臓病(CKD)の診療に力を入れ、精査した上で腎臓病と診断された場合は、いかに透析導入を遅らせるか、腎不全移行の予防に力を注いでいます。透析療法を必要とする場合でも、持続携帯式腹膜透析(CAPD)治療など、患者さんの生活に適した治療法を選択する事が可能です。

血液浄化療法センターについて

血液透析の他にも種々の血液浄化療法を実施しており、合併症への対応も含めた総合的な血液浄化医療を実践しています。また、食堂・談話室を広く設け、治療中も周りを気にせずに過ごして頂ける環境づくりに努めています。夜間透析・在宅透析も選択できます。

【血管外科】

閉塞性動脈硬化症(ASO)や静脈瘤など、腹部、下肢領域の動脈、静脈性疾患に対する治療を行っています。下肢ASOに対しては、内服治療や運動物理学療法といった保存的な治療から、症例によって血管内治療(カテーテル治療)やバイパス手術といった血行再建治療を行います。静脈瘤に対しては短期入院での手術治療を行います。また、血液透析の実施に必要となるバスキュラーアクセスの作成および維持・管理も行っており、アクセス不全に対しては人工血管を用いた再建、カテーテル(PTA)治療による再建も行っています。

下肢静脈瘤血管内レーザー治療について

下肢静脈瘤の治療として、ELVeSレーザー1470を用いた血管内レーザー治療(保険適用)が可能です。下肢静脈瘤とは、足の静脈の弁が壊れてしまう血管の病気です。足の血管がボコボコと浮き出ている、足がむくむ、足の色が変色しているなどの症状でお悩みの方は、一度ご相談ください。

【消化器外科・肛門外科】

消化器外科専門医・大腸肛門病専門医によるヘルニア(脱腸)と大腸肛門の病気(いぼ痔、切れ痔、あな痔、直腸脱、直腸瘤など)の診察ならびに手術治療を行っています。
また高齢者に多い便秘症治療にも力を入れています。股の付け根や臍、傷跡のふくらみがある方、肛門の症状のある方、硬便や腹部膨満を伴う便秘症でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

【消化器内科】2019年10月開設

当科は、食物の消化吸収にかかわる食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・胆嚢・胆管・膵臓に関する診療を行っています。胃カメラおよび大腸検査、内視鏡治療を行っており、ピロリ菌検査や除菌、大腸ポリープの切除、消化器癌の早期診断が可能です。腹痛・下痢・嘔吐、健診で肝臓が悪い・膵臓に影があると言われた、便が黒い、胆石が疑われる等の症状がある方はご相談下さい。
 

【整形外科】

水曜日の午後に、関連施設の豊岡内科整形外科クリニック医師等による診療を行っています。

旭川市宮下通9丁目北彩都病院

kitasaito

kitasaito